ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

キャンプ用品

DIY(自作品やカスタマイズ)を中心に、キャンプ用品の使い方等を紹介しています。それほどお金をかけなくてもキャンプ道具は揃えられるし、工夫をこらした自作品は、見た人に驚いてもらえる嬉しさも!

使いやすい料理用のナイフを選ぶ。キャンプでの作業に適したナイフのかたち

用途によって素材も形も異なるナイフですが、キャンプでの料理に使いやすいナイフに的をしぼって考えてみます。

テントまわりのイルミネーション。キャンプで夜を安全にすごす為にペグなどを目立たせます

キャンプ場では、夜間にペグやガイロープに引っかかってケガをしないかが気になるので、光る目印で存在をアピールする方法についてまとめました。 ArduinoとWS2812Bで自作するクリスマス風イルミネーションの回路やスケッチも紹介いたします。

お金をかけない冬用寝袋の選び方と使い方。冬キャンプを始めよう!

寒い季節のキャンプは、空気が澄んでいてキャンプ場も混み合わないので、景色や焚き火を思う存分楽しめます。ただし確実に準備しておきたいのが、寝ている間の寒さ対策です。あまりお金をかけなくても暖かく寝られる方法を紹介いたします。

人気のコットを数値で比較して選ぼう。冷えがちな下側が暖かい使用方法も紹介します

キャンプで快適な睡眠を得られる人気のコットを、重さや収納サイズで選べるように一覧表にして比較してみました。 寒い季節の、ちょっと驚きの暖かい使い方も、最後に紹介いたします。

冬用装備で暖かいハンモック泊を楽しもう!アンダーキルトや寝袋などの防寒アイテム

夏に涼しく寝られるハンモックですが、冬でもうまく準備と設置をすれば、テント泊よりも軽装備で暖かく夜を過ごせる場合があります。 空中キャンプを一年中楽しむために、冬に暖かくハンモック泊する方法について、紹介いたします。

いつでもどこでも美味しく炊ける炊飯(炊爨)器をつくる。サーボモーターとArduinoで自動化

キャンプで炊飯(炊爨)する場合、もしも自動で火力調整できれば、成功事例を忠実に再現できて安心できる上に、炊飯中の時間は他の作業に専念できると思い、サーボモーターとArduinoを使って、キャンプ用自動炊飯器を自作してみました。

ソロキャンプでも丸焼きが楽しめる!電動ロティサリーをArduinoと28BYJ-48で自作します

ソロキャンプでもロティサリーチキンのような回転焼きを電動で楽しみたい!と思い、ステップモーターとArduinoで、小型の電動ロティサリーマシン(回転BBQ器)を自作してみました。

DDハンモックにおすすめのウーピースリング。自作方法とサスペンション システムの紹介

ハンモックのロープ(サスペンション)として便利な、ウーピースリング(Whoopie Slings)を紹介いたします。 強くて軽量コンパクトなうえに、長さも楽に調節できる優れものです。

蚊帳付きハンモックでも攻撃してくる虫から身を守る!モスキートネットinバグネット

上部にモスキートネット(蚊帳)が付いているハンモックでも、朝起きたら何かに刺されていることがあります。 特に夏に経験することが多いのですが、せっかくの涼しく寝られるハンモックなので、気持ちよく朝を迎えるために、対策をします。 ハンモックのメリ…

FRPの重いメインポールをアルミに変えて、テントを軽量化。コールマン ツーリングドーム 

使いやすいコールマン ツーリングドーム の、唯一の不満「重い」点を、軽量化で改善したいと思います。 重量増の要因となっているFRP(ガラスファイバー)のメインポールを、アルミ(ジュラルミン)材質のポールが使えるように改造してみます。

コンパクトテーブルを数値で比較。荷物にならずにキャンプで役立つ、おすすめのテーブルたち

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルを愛用していますが、それだけ使うとテーブル面が狭く感じられることがあるので、もう一卓追加して使いたいと思います。 追加するテーブルを選ぶために、各社のテーブルをわかりやすく一覧表にまとめて、比較してみ…

もっと簡単にハンモックを設置しよう!カラビナとアンカーリングで簡単に調節する方法

暑いぐらいの気候になったので、ハンモックキャンプに行ってきました。ヘネシーハンモックは、設置も撤収も楽なのでお気に入りです。もっと便利に使うアイテムとしてスネークスキンと登山用のカラビナ&アンカーリングを紹介します。

キャンプで料理#1 砂肝を使ってみたらアヒージョも串焼きも最高に美味しかった

キャンプ場で、人生初の砂肝(砂ズリ)料理に挑戦してみました。 砂肝を下ごしらえして、アヒージョと串焼きにして、最高に美味しくいただきました。 しばらくはキャンプに毎回持っていくことになりそうです。

自分専用のオリジナル器を作ってみよう。信楽陶芸村で陶芸体験

滋賀県の甲賀市に行く機会があったので、キャンプ用の器を信楽焼で作ってみました。当日まで悩んだコンセプトと、陶芸体験の様子を紹介いたします。

天然水から安全な飲用水を確保する方法。知っておきたい飲み水の作りかた

山奥やオフシーズンのキャンプ場などでは、自分で飲料できる水を確保しなければならない場合があります。そのような場合、そして非常時にも活用できる、安全な水の確保方法について紹介いたします。

徹底的に虫を寄せ付けない工夫で、蜂 アブ ブヨやムカデに邪魔されずにキャンプを楽しみたい

山間部のキャンプ地では、蚊やアブやブヨなどの攻撃から身を守らないと、あっという間に刺されたり噛まれてしまいます。効果があった虫除けの方法についてまとめて、今シーズンは虫の攻撃による被害ゼロを目指したいと思います。

ツーリングキャンプには防水バックが便利!防水バックを種類別に比較&紹介

ソロ主体のキャンプスタイルで、車でもバイクでもキャンプ道具を持っていくのに重宝している防水バックについて紹介いたします。 番外編として、長期キャンプで活躍するLOGOSのシェイク洗濯袋も記載します。

ハイドレーションは、ペットボトルに接続できるチューブが便利で清潔に使える

屋外での活動には水分補給が欠かせません。長時間にわたって適温のドリンクを飲めて便利なハイドレーション(水分補給)用品を紹介いたします。リュックやウエストポーチなどペットボトルが入るものを身に付ければいいので応用がきき、私は主に長距離ツーリ…

安く簡単に自作するキャンプ用CB缶ホルダー。圧倒的な安定性を確保しつつコンパクト収納

キャンプで使うバーナーやランタンを、CB缶でも安定して使いたいので、CB缶ホルダー(スタンド)を100円ショップの素材を使って約400円で自作しました。一般的なCB缶スタンドよりも安定して使えて収納もコンパクトです。

数値化して理詰めでコンパクトテントを選ぼう。ソロキャンプ用のテントを比較します

数字で比較したい方のためにカタログスペックを計算式にいれて数値化した上で2018年の最新テントを比較してみます。 ここでは、差が出やすい2~3人用のコンパクトテントのみに的を絞り、比較します。

ハンモック愛好家が紹介する快適なハンモック泊のコツと、おすすめハンモック

ヘネシーハンモックをイーノのストラップで設置してDDタープで天候対策をしている、ハンモックとハンモックメーカーの製品が大好きな私が、ハンモック泊がもっと普及することを目指して、簡単な設置方法や注意点などをわかりやすく紹介します。

自分好みのテント選び。高機能からおしゃれなものまで人気のテントを一気に紹介

テント選びをお手伝いできるように、いくつかの切り口別でまとめてみました。 人数、形、メーカー、設置しやすさなどの重点項目に着目したテント選びを、ワンポイントアドバイスと共に紹介いたします。

キャンプでポケットに入れておきたい充電式の小型LEDライト類。車やバイクで充電可能!

キャンプしていて夜にちょっとお手洗い^_^という時に最も使いやすく愛用しているライトについて紹介いたします。

冬のキャンプでテント泊を堪能する!電源がないサイトでの暖まり方とおすすめの暖房器具の紹介

真冬のキャンプに興味があるけど、寒さが不安でいまいち一歩踏み出せない! そんな方に、極寒のキャンプでの暖房や器具を使った暖まり方について紹介します。

家ではできない料理はソロキャンプで楽しもう!

ソロキャンプが好きな人に聞いてみたいことがあります。「なぜ、ソロキャンプをしに行くのですか?」どこ探しても統計情報がないような気がしますが、たいへん気になります。 動画サイトで見て楽しまさせていただいてる有名ソロキャンパーさん達と、自分を比…

丈夫で拡張性があるDDハンモックの4m×4mタープで、雨天時でもテントまわりは快適空間

岐阜県にあるお気に入りのキャンプ場に、久しぶりのソロキャンプに行ってきました。あいにくの雨でしたが、DDハンモック製の4x4mタープを活用して、濡れずにキャンプしてテントも乾いた状態で撤収してきました。

キャンドル派にオススメのコールマン ルミエール。スノーピーク ノクターンとの比較動画もあります

夜のキャンプ地で、少人数で雰囲気を楽しんだり、ソロで至福の時を過ごすのに最適なキャンドル風ランタンについて紹介します。私はコールマンのルミエールを使っています

ウッドストーブの強力な火力を持続させるためには、簡単にできる燃えかす対策を!

コンパクトなウッドストーブは、ソロキャンプでは、たいへん便利です。しかし、よくある悩みが、灰が溜まってくると火が持続しない!ことです。ウッドストーブの真価を継続して発揮するための、簡単な対策について紹介いたします。

ムラコのテントに一目ぼれし、スターフライヤーマンと初遭遇

スターフライヤーの飛行機に搭乗しました。機内誌で発見した、かっこいいテント、新しくなった機内安全放送(スターフライヤーマン)、キャビンアテンダントの心温まる対応で、驚きと幸せのフライトでした。

キャンプ用のフライパンには、家庭用のグリルパンが最適。玉子焼き器をキャンプ用に改造して気付いたこと

バイクキャンプで持っていきやすい「鉄のフライパン」を、汎用品の玉子焼き器を改造して作ってみました。 少しコンパクト収納できるようになりました。