ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

BoseのアウトドアスピーカーSoundLink Microにストラップやカラビナを!意外な小物で簡単に楽しむ

スポンサーリンク

キャンプなどのアウトドアでもBOSEサウンドを楽しめる、防水スピーカーのBose SoundLink Micro Bluetooth speaker を入手しました。

手軽に持ち運べる重低音スピーカーなので、行った先の様々な場所にも、手軽に吊り下げて楽しみたいと思います。

そこで、伸びる材質のストラップだけ付属しているBose SoundLink Microに、簡単にカラビナをつける方法を考えてみました。

Bose SoundLink Microにストラップやカラビナを簡単につけよう!

アウトドアでも気軽に使えるBOSEスピーカー

防水のBOSEスピーカーがあったらいいのに!というアウトドア派の想いに応えるかのように、SoundLink MicroがBOSEのブルートゥーススピーカーのラインナップに加わりました。

以前からBose SoundLink Miniを使っていて、BOSEのBluetoothスピーカーの音質は私の嗜好に合っている!と信頼しきっています。

実際に箱出ししてすぐに聴いた音は期待通りで、BOSEらしさを小さな箱に凝縮したかのように感じられる、大満足なものでした。

Bose SoundLink Microにアウトドアで使いやすいストラップやカラビナを

カラビナが付けられない?

少し時間をさかのぼって、Bose SoundLink Microを入手する前に使っていた防水スピーカーです。

f:id:solocamptouring:20200607155827j:plain

音質はBOSEに到底及びませんが、カラビナ用の穴が開いいるので、キャンプチェアやランタンスタンドなど、好きな場所に吊り下げることができて、たいへん便利す。

一方でBose SoundLink Microは、一体化されたベルトがついていて、ランタンスタンドや自転車のハンドルなどに、しっかりと固定することはできる構造です。

Bose SoundLink Microのベルト

ベルトは、開放する側の端についている凸形状を、本体の切り欠き形状部にひっかけて固定する構造で、ある程度の大きさのものに巻いてテンションをかけておかないと、何かの拍子に外れてしまいそうです。

細いカラビナを通すだけのような使い方だと、ベルトが開放したことに気付かずに、スピーカーを紛失したりする不安が残ります。

それでは、スマートフォンのカバーのような構造で、カラビナを付けられるものはないか?と探してみると、種類は多くないものの、いくつか発見しました。

シリコンやEVA素材のカバーで、ジッパー付きのメッシュ小銭入れのような構造になっていて、ストラップやカラビナ が付けられます。

スピーカーをキャンプで使うだけなら、このカバーを使うのも有りですね!

私は海でも使いたいので、錆びてしまうかもしれない金属のジッパーなどは、遠慮しておきたいところです。

そこで、もともとスピーカーに一体でついているベルトを上手に使って、カラビナ などを確実に付けられる方法を考えてみます。

「ベルトに付ける」といえば、MOLLE(モール)システム! 

Bose SoundLink Microのベルトを凝視していて、これはもしかしたらMOLLEシステムのウェビングの幅と、ほぼ同じかもしれない!とひらめきました。

MOLLEシステムには、いろいろな種類の小物類が存在します。

MOLLEシステムでSoundolink Miniにカラビナを!
BOSE with Molleシステム

小物のセットは、手軽に入手できるので、さっそく試してみましょう!

最初に、MOLLEシステムの小物セットから、大本命の回転Dリングを試してみます。

Bose SoundLink Microと並べてみました。

回転DリングをBose SoundLink Microに取り付ける

スピーカーのベルトにピッタリのサイズ感です!

上手く取り付けられるに違いないと確信しながら、SoundLink Microに装着してみます。

回転Dリング on Bose SoundLink Micro

このスピーカーのために作られた部品のように、あっという間に取り付けられました!

回転Dリングは、ベルト自体にしっかり固定されるので、もしベルトの凸ストッパーがスピーカー本体から外れてしまっても、ベルトの反対側が破断しない限り、スピーカーを紛失することはなさそうです。

また回転Dリングは、スピーカーの裏側にある、メッシュのスピーカー開口をふさがないので、音質への影響もほぼないでしょう!

回転リングが上手くいったので、気を良くした流れで、MOLLEシステムの別の小物も試してみます。

カラビナ のような構造の、MOLLEウェビング グリムロックです。

MOLLEウェビング グリムロック(Dリング)を Bose SoundLink Microに取り付け

バネでリングを閉じておくカラビナと違い、リングを閉じた状態でロックがかかる構造です。

リングの内側にウェビングを通すスリットがついているので、ロックされている限りは、ウェビングが外れることがありません。

OLLEウェビング グリムロック(Dリング)on Bose SoundLink Micro 

ウェビング グリムロックも、SoundLink Microのベルトに対して、ちょうどいい収まり具合です。

カラビナ を使わなくてもロック式のリングが装着されるので、これが一個だけあれば、タープ のガイラインなどにスピーカーを吊るすことが可能です。

もちろんウェビング グリムロックも、スピーカー裏側の開口をふさがずに装着できます。

どんなキャンプ地でも対応できるように、スピーカー設置方法のオプションを増やしておきたい!という場合は、回転Dリングとウェビング グリムロックを両方を、スピーカーのベルトにつけておくのもいいですね!

MOLLE on Bose SoundLink Micro 

 MOLLEシステムの小物を装着してみて気付いた意外なメリットですが、スピーカーのベルトに装着したこれらの小物は、スピーカースタンドにもなります

カラビナやストラップをお好みで!

スピーカーのベルトに、回転Dリングとウェビング グリムロックのどちらかをつけたら、あとは好きなようにアレンジしてみましょう!

せっかく入手したMOLLEシステムの他の小物類も使ってみました。

BOSE Soundlink Microにカラビナをつける方法
BOSE Soundlink Microにウェビング グリムロック
BOSE Soundlink Microにストラップをつける方法

MOLLEシステムの無骨な見た目は、アウトドア用品の雰囲気によく合いますね〜

MOLLEシステムについて、もっと知りたい!という方は、こちらの記事をどうぞ。

www.solocamptouring.com

さて、様々なものへの装着可能性が増した、回転DリングとコラボしたBose SoundLink Microですが、実際の耐水性や使用性を確認するために、私のアウトドア活動の中では最もハードなものとなる、海のカヤック上にも連れていってみました。

Bose SoundLink Microを海上カヤックフィッシングでハードに使う!

塩水の波しぶきが付着し、そして上陸後はホースでの散水もしましたが、防水スピーカーだけでなく、モールシステムも問題なく使えました。

回転Dリングには、錆びるかもしれない金属が使われていないのも、精神衛生上よろしいですね!

海上でのハードな使い方でも大丈夫だったので、陸上のキャンプにおいては、おそらくどんな天候でも普通に使えるでしょう。

コンパクトな大きさということもあり、この防水スピーカーとMOLLEシステムの小物との組み合わせは、ソロキャンプには欠かさず持参する相棒になりました。

テントサイトでは自分の近くの好きな場所に設置して、そしてテントやハンモックの中でも手軽に吊り下げて、場所を取らずにBOSEサウンドに包まれるアウトドア空間をつくって楽しんでいます。