ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

ハンモックで手軽にソロキャンプをしてみましょう。Lenzaiのハンモックで空中キャンプを始める

スポンサーリンク

キャンプを始めてみよう!という時に、初期の出費がどれくらいかかるのか、大いに気になります。

出費を少なく抑えようとししても、どうしても高額になりがちなのがテントです。

そこで選択肢に加えてみていただきたいのが、テントよりも初期投資が少ない、ハンモックでの宿泊です。

しかし初めてのハンモックとなると、わからないことや不安なことが多いと思いますので、その使い方やメリット、そして選ぶときのポイントを紹介してみたいと思います。

Lenzaiのハンモックで空中キャンプを始める

 

 

ハンモックのメリット

キャンプは初めて、またはキャンプを始めたばかりの方を想定して、ハンモックのメリットを紹介してみます。ベテランさんたちが使うような装備は、まだ揃えていない前提です。

初期投資が少なくて済む

キャンプを始める場合に、最初に気になるのが上手にテントを設置できるか?だと思います。

いろいろ考えて、初めてのテントとしてワンタッチテントを選ばれることも多いと思います。

たしかにワンタッチテントを開くのは、あっという間ですが、その後のペグダウンの手間や時間を考えると、ハンモックの手軽さも負けてはいません。

初めてのキャンプ用品にふさわしいワンタッチテントとハンモックですが、エントリークラスのもので価格を比較するとハンモックの方が安く入手できます。

ハンモックの方が構造が簡素なことの恩恵ですね。

ただし、ワンタッチテントもハンモックも、日本の気候では晴れの日ばかりではないので、雨露に備えて上側に張るタープも準備する場合があります。

タープは、いろいろなキャンプスタイルで便利に応用できます。天候がくずれそうな場合に備えて、ハンモック本体よりも長めのものを準備しておきます。

タープは大きい方がいいのですが、正方形のタープで、対角線方向でも設置できるものであれば、最低でも3m x 3m以上の大きさがあれば、雨で濡れにくくなります。

下の写真は、4m x 4mのタープを縦に使い、写真でわかりやすいように半分開いています。

LenzaiのハンモックとDDタープ

雨でも快適に寝られる

先ほど、雨露を避けるのに必要となるタープの大きさについて紹介しました。

ハンモックを吊っているロープやストラップを伝ってくる水は、下に落ちるきっかけを作っておけば、ハンモックまで水が伝わってきて濡れることは、ほぼありません。

本体の両端末にカラビナが位置する構造のハンモックであれば、その結び目だけでも安心ですね。

f:id:solocamptouring:20190714030017j:plain

そして、テントにはないハンモック最大のメリットが、地表の水からは濡れない点です!

夜中の大雨で地面が水浸しになっても、空中のハンモックに地面から水が染み込む事はないので、安心して熟睡できます。

また、タープの下では、ハンモック全体が乾いた状態で維持されるので、撤収がたいへん楽です。

設置がシンプルで楽

テントに比べて構造が単純なハンモックは、設置も楽です。

正確に時間を計っていないので私の感覚になりますが、ハンモックの設置時間は、2〜3人用のドーム型テントと比べて、半分程度です。

ハンモックを設置する手順は、後ほど紹介いたします。

デメリットもあります 

いいことばかりのハンモックですが、適当な間隔の木を2本みつけないと使えません。

幸いなことに、ハンモックの場合は、テントだと避けたくなるような凸凹や傾斜のある場所でも、問題なくすごせます。

夏場には強い日差しを遮ってくれるような、林間のフリーサイトがあるキャンプ場を選んでおけば、ハンモックの設置場所に困ったことはありません。

ハンモックの選び方

エントリーモデルのハンモックにも、いろいろな形や構造のものがあります。

キャンプ地で快適に過ごせるハンモックの選び方を、その理由と共に紹介いたします。

蚊帳(モスキートネット)一体のハンモックを!

川の近くなどの、虫が多い場所では、蚊帳がないと大変なことになります。

ハンモックを覆うタイプの、汎用の蚊帳もありますが、せっかくの設置も撤収も楽なハンモックなので、蚊帳は一体になっているものを選びたいです。

コストパフォーマンス最強の蚊帳付きハンモック

地面へのペグダウンがあるもの

ほとんどのハンモックは、中に入ると安定して、地面に滑り落ちることは、ほとんどありません。

しかし中に人がいない状態では、重心バランスが悪くなるので、強風で回転してしまうこともあります。

両サイドにガイライン(ロープ)が付けられるようになっていて、地面にペグダウンできるハンモックであれば、人が入っていなくても安定します。

また、ハンモックの横方向の内部スペースが保持されるので、中に入った時の快適性も増します。

地面にペグダウンできるLenzaiのハンモック

木への配慮をしたいですね

ハンモック泊でお世話になる2本の木は、傷つけたり弱らせたりしないように使いたいです。

そのため、表皮を痛めてしまう細いロープ状のものを巻くのではなく、ベルト状のストラップを使って、木の表面にかかる力を分散します。

専用ストラップ付きのLenzaiのハンモック

ハンモック専用の、100kg以上の重さに耐えられるストラップは、ハンモックとセットでお得に入手できるものもあるので、初めて揃える時には一式セットを選ぶと楽ですね!

エントリークラスのハンモックを選んでみました

これまで紹介してきた、初めてのハンモックを選ぶ時のポイントをまとめると、

  • 蚊帳が一体
  • ペグダウンできるもの
  • 木に使うストラップなどの一式セット

となります。

条件に合うものの中から、お手頃価格で通販サイトのレビューコメントが良い、Lenzaiの蚊帳付きハンモック一式セットを試してみることにしました。

ハンモックの設置手順

Lenzaiのハンモックは、通販サイトで注文して2日後に届きました!

それでは、早速使ってみます。

開封しましょう

Lenzaiのハンモックセットには、ハンモックの設置に必要なものが、全て付属しています。

  • ハンモック本体
  • ステンレスの丈夫なカラビナ(2個)
  • 木に巻くストラップ(2本)
  • ペグ(2本)
  • ペグダウン用のガイライン(2本)
  • 蚊帳の位置を保持するバンジーコード

ハンモックで手軽にソロキャンプをしてみましょう。Lenzaiのハンモックで空中キャンプを始める

設置してみます

あっという間の設置手順を紹介いたします。

最初に、一晩お世話になる2本の木を決めます。

約5mをねらって、私の歩幅で10歩ほどの間隔で立っている木を選びました。

次に、木にストラップを巻きます。

初めて使うハンモックの場合は、吊り下げた時の状態がわからないと思いますが、ストラップを木に巻く位置は、なるべく高くしておくと、この後の調整が楽です。

ハンモック専用ストラップが付属するLenzaiのハンモック

ハンモックに付属しているカラビナを、ストラップに繋いで、ハンモックを吊り下げます。

この時、ハンモックの高さや傾きを調整するために、ストラップに輪を作ります。その手順を写真で紹介していきます。

まず最初に、ストラップの途中に輪を作って、

ハンモックストラップの調整方法 1

木の側のストラップをつまんで輪の中に通して、もう一つの輪をつくります。

ハンモックストラップの調整方法 2

間違って反対側のストラップを通してしまうと、結び目が働かないので注意してくださいね!

この輪にカラビナをかけて完成です。単純な結び方ですが、テンションがかかることで結び目がしっかりと締まります。

ハンモックストラップの調整方法 3
ハンモックストラップの調整方法 4

ハンモックがちょうどいい高さになっていることを確認できたら、保険のためハーフヒッチなどで、さらにストラップを結んでおきます。

ハンモックストラップの調整方法 5

Lenzaiのハンモックセットに付属するバンジーコードを、ハンモックの内部に装着します。

ハンモックの中に入った時に、蚊帳が邪魔にならなければいいので、きつくテンションをかける必要はありません。

リッジラインがある蚊帳付きハンモックが快適

最後に、ハンモックをペグダウンします。

ある程度ハンモックの形を保持してくれればいいので、これもテンションをかけて引っ張らなくても大丈夫です。

付属している細めのペグも、大きな力が加わる使い方ではないので、軽量&コンパクト化という観点で好感が持てます。

ペグダウンできるLenzaiのハンモック
Lenzaiのハンモックをペグダウン

これだけの作業で、ハンモックの設置が完了しました!

テントと比べると、しゃがみこんでの作業が少ないこともあり、設置が格段に楽でした。

Lenzaiのハンモックの設置方法

一晩すごしてみます!

ハンモックは、中では斜めに寝そべると、体が「く」の字に折れ曲がりにくくなります。

Lenzaiのハンモックは、横幅が広いので斜めの体制が取りやすく、楽な姿勢で寝続けることができます。

横幅が広いLenzaiのハンモック

細かい網目の蚊帳は、小さな虫の侵入まで防いでくれるので、寝ている間の虫刺されは皆無です。

付属しているストラップは、引っ張りの力がかかる方向に3本の縫製が入っているため、伸びたりすることもなく、朝まで同じ高さに浮いていられます。

そして、なによりもありがたいのが、開放感や浮遊感と共に味わえる、涼しさです!

体の下側からも放熱される涼しさを一度知ってしまうと、真夏のキャンプではハンモックが手放せなくなります。

Lenzaiのハンモックでお手軽キャンプ

初心者からヘビーユーザーまで幅広く使えます

ハンモック泊の魅力に惚れ込んでしまい、他にもハンモックを持っていますが、Lenzaiのハンモックは、オール イン ワンで、リュックサックの片隅に入れておける大きさと重さなので、思い立ったようにソロキャンプに行く私の、良き相棒です。