ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

どれも同じに見えるキャンプ用チェアの選びかた。耐久性や強度の差をチェック!

スポンサーリンク

キャンプ用チェアを選ぶ時のポイントを紹介します

アウトドアで使いやすいキャンプ用のチェア、アウトドアでくつろぎの時間を過ごすための必須アイテムです。

私がよく行く、ソロキャンパーさんが多いキャンプ場では、下の写真のような形のものを多く見かけます。

軽くて強くて安いキャンプ用チェア

見るからにコンパクトで軽そうなこのキャンプ用チェア、私もお手頃価格のものを一脚欲しくなり、とはいえ何でもいいという訳でもなく、少しこだわりを持って選んでみました。

キャンプでの必須アイテムのチェア(椅子)

キャンプでゆっくりと自然の中での雰囲気を楽しんでいる時、そのほとんどの時間はチェアに腰掛けている気がします。

グループでキャンプに行くと、それぞれが違ったお気に入りのチェアを持ち込むので、座り心地を比較しあったりすることもあります。

f:id:solocamptouring:20190610040802j:plain

上の写真で、左のものが私が数年にわたり愛用しているロースタイルチェアです。

囲炉裏を設置する場合や、ソロキャンプ用の天井が低めのテント前で使う時に、地面に近くてちょうどいい大きさで気に入っています。

さらにコンパクトなキャンプがしたい

愛用しているロースタイルチェアですが、コンパクトに収納できるにもかかわらず、鉄素材のフレームのため2kgほどある重さが気になるようになってきました。

特に、移動に車を使わないキャンプの時には、少しでも荷物を軽くして疲れないようにしたくなります。

そこで、アルミフレームの1kgくらいのチェアも追加入手して、キャンプスタイルによって使い分けてみることにしました。

コンパクトチェアへのこだわり

先ほど紹介した、私が数年使っているロースタイルチェアは、鉄素材の脚が地面に接する部位に関節があり、プラスチックの部品が使われています。

実はこのプラスチック部品、2年ほど使っているうちに割れてしまい、アルミの板で補修して使い続けています。

他にもディレクターチェア形状のものでも、プラスチックの接続部が補修できないほど割れてしまったことがあり、耐久性や強度上、この部分がキャンプ用チェアの弱点部だと思われます。

そこで、多くのメーカーのものから選ぶことができるアルミフレームのコンパクトチェアですが、選択に際して骨格にプラスチックが使われていないことを条件にしたいと思いました。

安いキャンプ用チェアの脚の強度

有名メーカーのものを含めて、この形のチェアのほとんどは、座面と地面の中間の高さでアルミパイプが交差する部分が、プラスチックのジョイントで構成されています。

座った状態で体重移動した時に、最も力が集中しそうな部位なだけに、このジョイント部がアルミなどの金属で作られたものから選んでみます。

こだわりのキャンプ用チェアを入手しました

アルミの脚の接続部が金属でできているコンパクトチェアを探しはじめましたが、あれこれ選べるほど多くのものは見つかりません。

ネットショッピングで売られているチェアの、脚の関節部の写真を凝視し続けて、ようやくみつけることができました。

軽くて強くて安いキャンプ用チェア

プラスチックを使わずに、アルミのパイプやジョイントだけでフレームが作られているキャンプ用チェアです。

その構造を、組み立てながら紹介してみます。

収納袋から出してみます

約1kgのチェアは、無地の収納袋に収納されています。

袋の両端にはループが縫製されていて、椅子を組み立てる時にアルミパイプに通して一体化することで、小物入れにもなります。

軽くて強くて安いキャンプ用チェアのコンパクト収納状態

適度に強度がありそうな収納袋は、大きさに余裕があるので、チェアを袋にしまう時も楽に作業できます。

アルミフレームを組み立てます

チェアのアルミフレームは、ドーム型テントのポールのように、バンジーコードで一体化されています。

そのため、収納袋から取り出して持ち上げてみると、あっという間にほぼ自動で骨格が組みあがりました。

軽くて強くて安いキャンプ用チェアの脚

上の左側の写真は、脚の構造をわかりやすくする為に、片側のフレームだけ、かるく折りたたんでみました。

背もたれ部分となる、いちばん長いアルミフレームだけは2節で、他のフレームは差し込み構造です。

アルミフレームにシートをセットして完成

最後に、シート四隅の袋形状の部分にフレームの上端4カ所を差し込んで完成です。

軽くて強くて安いキャンプ用チェアを発見

選択する際にこだわったポイントの、体重による力が加わるフレームジョイント部は、太めのアルミパイプに金属だけでしっかりと固定されており、これなら不安なく使えそうです。

脚の強度が決め手。軽くて強くて安いキャンプ用チェア

座り心地に加えて携行性もアップ

これまで使っていたロースタイルチェアに比べて、約半分の1kgくらいまで軽くなっただけでなく、収納状態もひとまわりコンパクトなりました。

安いキャンプ用チェアのコンパクト収納力を比較

キャンプだけでなく、いろいろなアウトドアのイベントにも躊躇せずに持っていけます。

キャンプと釣りで、さっそく使ってみましたが、着座姿勢もいいので疲れることもなく長時間にわたりくつろいでいます。