ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

ソロキャンプだからこそ天ぷらを楽しみたい!揚げ物用のキャンプ装備

なんでも美味しく感じられるアウトドアですが、屋外だからこそ!煙や油とびを気にせずに思う存分、天ぷらを楽しみたくなることがあります。 しかし屋外の場合は、屋内よりも油の持ち運びや処理方法に気を使うことになります。 なんとか簡単に、雄大な景色を…

タイヤ交換をネットで予約してみたら楽だった!安心のワンストップ通販

現在のタイヤを使い続けて、あっという間に6年近く! そろそろ新品タイヤに交換したくなってきました。 なるべく安上がりで、しかも簡単に交換したいと思い少し調べた結果、インターネット上でタイヤを選んで、購入から交換作業の予約まで一発でできるサイ…

パップテントを数値で比較!軍幕をソロキャンプでの居住性で選ぶ

夜が肌寒かったり、冷え込んだりする季節には、夏より増して焚火が恋しくなります。 ソロキャンプで、中にいながら外の景色や焚火を楽しめるテントとして、パップテントが注目されています。 この秘密基地のような、それでいてオープンな雰囲気、わくわくし…

キャンプで映えるTシャツを探そう!意外に多いアウトドアブランドを着る

SOTO(ソト)やnalgene(ナルゲン)などの、有名アウトドア用品メーカーとコラボしたTシャツが、話題になっています。値段もリーズナブルなので、衝動的に近所のお店に走っていきたいところですが、まずは他にはどのようなアウトドア用品メーカーのTシャツがあ…

ソロキャンプで使うタクティカルなリュックとバッグ。MOLLE(モール)システムでカスタマイズ

静かな雰囲気を楽しむようなソロキャンプスタイルでは、リュックサックに全てのキャンプ道具を積み込んで、身軽に出かけたくなります。 そんなキャンプの時に似合うのが、タクティカル系のリュックですね! このような、ウェビング(ストラップ)がたくさん…

春夏秋冬のハンモックキャンプ。季節に合わせて一年中楽しもう!

ハンモックですごすキャンプの快適さに魅せられて、気付いたら何度かの四季を過ごしてきました。 そこで、使っては改善を重ねた結果で行き着いた、季節ごとのハンモック泊スタイルについて紹介してみたいと思います。 ちなみに、私が主に愛用しているのは、…

ハンモックで手軽にソロキャンプをしてみましょう。Lenzaiのハンモックで空中キャンプを始める

キャンプを始めてみよう!という時に、初期の出費がどれくらいかかるのか、大いに気になります。 出費を少なく抑えようとししても、どうしても高額になりがちなのがテントです。 そこで選択肢に加えてみていただきたいのが、テントよりも初期投資が少ない、…

キャンプでもタブレットやパソコンでつながりたい!格安モバイルルーターを選んでみます

キャンプなどのアウトドアで、スマホ以外のインターネット環境が欲しくなりました。 モバイルルーター業界は多くのサービス会社が乱立しており、それぞれが少しずつ違った内容でプランを提供しているので、結局どれがお得なのか判りにくくなっています。 ま…

壊れにくいキャンプ用の椅子はコレ!耐久性や強度で選ぶライトチェア

アウトドアで使いやすいキャンプ用のチェア、アウトドアでくつろぎの時間を過ごすための必須アイテムです。 最近のキャンプ場では、上の写真のような形のものを多く見かけます。 見るからにコンパクトで軽そうなこのキャンプ用チェア、私もお手頃価格のもの…

雨でも快適なハンモック泊。大きめのタープと防水バックで快適キャンプ

短時間で設置できて、しゃがむ作業も少ないハンモックは、暑い季節のキャンプ設営や撤収において、大きなアドバンテージとなります。 今回の設置手順を、写真も使って紹介してみます。

色と明るさを変えられる集魚灯。ArduinoとLEDボードで自作したら爆釣モードに入った!

先日、初めての夜釣りで小さい根魚を釣り上げました。次回は、なんとしてでも大きな根魚に出会いたいので、魚が集まりやすい集魚灯を自作して、次回の夜釣りに導入したいと思います。

グルキャンを楽しむ。DODのカマボコテントソロが、カッコよすぎ!

今年はじめてのグループキャンプに行ってきました。 コールマンのテントが多い中で、巷で話題のDOD KAMABOKO TENTの新作SOLOが、異彩を放っていました。

ジムニー限定色のタッチアップペイントで、恥ずかしい思い出の傷を隠す

やってしまいました! 海で遊んで疲れ果てた状態で、ルーフキャリアにカヤックを積んだ瞬間に、前後のバランスが悪かったため、カヤックはスローモーションで前に傾いていき.....なす術もなく、そのまま車のボンネットの前端部を擦りながら地面に滑り落ちて…

キャンプで楽しむBluetoothスピーカー。音質のBoseスピーカーと防水スピーカーを使い分ける。

キャンプがもっと楽しくなる、Boseの重低音スピーカーと、防水スピーカーを紹介いたします。

一組の手袋ですべての作業に対応する。キャンプ用のグローブ選び

火傷や、切り傷や擦り傷を防止するために、キャンプでオールマイティに使える手袋(グローブ)について考えてみました。