ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

キャンプで楽しむBluetoothスピーカー。音質のBoseスピーカーと防水スピーカーを使い分ける。

 

スポンサーリンク

BOSE SoundLink Mini

ソロキャンプでもグループキャンプでも、音楽があると雰囲気がまったく違って、気分を盛り上げてくれます。

周りのキャンパーさんの気分を害しない配慮をしつつも、自分のまわりにお気に入りの音楽空間をつくってくれるブルートゥーススピーカーを紹介いたします。

キャンプで使うBluetoothスピーカー

テントの設営が終わってひと段落ついた時や、食後の満足感に浸っている時、朝のコーヒータイムなどで、お気に入りの音楽に包まれると、キャンプでの至福度合いが倍増するように感じます。

周りのキャンパーさんの邪魔にならない音量でも、自分のキャンプチェア周りに良い音の空間を作ってくれる、お気に入りのブルートゥーススピーカー2種類を紹介いたします。

いつもキャンプで使っているボーズのブルートゥーススピーカーです。

BOSE SoundLink Miniと防水スピーカーを使い分ける

幅180mm 高さ51mm 奥行き59mmと片手で持てる大きさですが、友人がキャンプに持ってきたものの音を初めて聴いた時には、ボーズらしい音に驚きました。

この小さめのスピーカーのどこから、その重低音と音場が?!という感じで、スピーカーをしばらく凝視したのが忘れられません。

もちろん、そのキャンプから帰ってきたら、すぐに注文しました。

車やバイクで移動中に充電しておけば、約7時間(新型のⅡでは、なんと10時間!)使用できるので、これまでキャンプの途中で電池切れになったことはありません。

キャンプに似合うBOSEスピーカー

ボーズのブルートゥーススピーカーは、他にも円筒形などの形もありますが、不安定になる場所に置くこともあるキャンプでは、このサウンドリンク ミニの、どっしりと落ち着いた形が、適していると思います。

私が使っているのは初期型ですが、新型のⅡでは、USB電源からの充電が可能になって、もっと便利になりました。

ボーズ独特の技術で、周囲の雰囲気を損ねない小さな音でも重低音が楽しめるので、ソロやグループでのキャンプに適しています。

防水スピーカー

雨の日のキャンプで使っている、手のひらに収まる大きさのブルートゥーススピーカーです。

キャンプで使う防水スピーカー

雨天時は雨滴がテントやタープを叩く音で、音楽がかき消されるので、音質はそこそこで十分です。

キャンプでは雨や露などで濡れることがあるので、防水仕様のものも入手しました。

数千円で入手できる廉価スピーカーで、お風呂で使うことを想定しているため、吸盤も付属しています。

防水スピーカーの開封。中身紹介

低音域の音質はボーズに劣りますが、雨音などで周囲が静かではない環境では、何気に音楽を流しておくのに十分な音質です。

小型ゆえに内蔵電池容量も小さいですが、それでも満充電から約6時間使えるので、キャンプで夜の雰囲気を楽しむのには十分です。

充電はゴム質の蓋を開くと表れるミニUSBプラグから行います。

このスピーカーも、キャンプに行く道中の車やバイクで満充電にしています。

付属のカラビナで、テントやタープのから吊り下げて使うこともできるので、場所を取らずに自分の近くに設置できて、小さな音でも音楽を楽しむことができます。