ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

一組の手袋ですべての作業に対応する。キャンプ用のグローブ選び

スポンサーリンク

キャンプでバーナーやアルミのクッカーなどを使って料理する際に、気をつけていても思わず火で熱くなっている部分をさわってしまい、指先を火傷してしまうことがあります。

そんな火傷や、切り傷や擦り傷を防止するために、キャンプでオールマイティに使える手袋(グローブ)について考えてみました。

キャンプに使える手袋選び

耐熱性

キャンプで使うグローブとして、最初に考えたいのが耐熱性です。

バーナーなどの料理器具や焚き火台、場合によってはピザやスモーク料理用の簡易窯など、キャンプでは高温になっている金属が露出していることが多くあります。

f:id:solocamptouring:20190214231008j:plain

材質によりますが、例えば防寒性だけ考えられている人工皮革の手袋では、使い終わってすぐのバーナーなどの熱いものを持った時に、溶けてしまうものもあります。

間違って一度使ってしまったことがありますが、溶けた部分が指先に密着すると、本当に熱いです!

キャンプで火器類を触るための手袋は、熱で溶けないものを選んでおきます。

f:id:solocamptouring:20190214225112j:plain

防刃性

キャンプでよく使う刃物といえば包丁だと思いますが、最近は薪を割ったりするのに、ブッシュクラフトナイフやナタや斧を使うことも多くなってきました。

大型の刃物を使う場合、指に刃物を思いっきり落としてしまった場合は、切創では済まずに骨折も考えられます。

このような場合でも怪我をしないようにすると、本格的なプロテクターが必要になりますが、刃物の基本的な使い方に注意すれば防止できるので、除外して考えます。

よくあるのが、注意していても刃物に軽く触れたり、刃先に指を滑らせてしまうような場面です。

f:id:solocamptouring:20190214225337j:plain

万能ではありませんが、ケブラー繊維などを織り込んで防刃性を高めた手袋で、軽い切創なら防止することができます。

耐水性

f:id:solocamptouring:20190214225614j:plain


雨上がりに、テントをたてたり薪を集めたりする際など、キャンプでは水分に触れることも多いです。

特に寒い季節には、手袋の中まで濡れてしまうと、寒さで手が動かしづらかったり、手袋の脱着がしづらかったりと、いい事がありません。

大雨には耐えられなくても、ある程度の防水性を確保している手袋で、いつも快適に作業したいです。

キャンプの雰囲気に合うもの

これも重要だと思いますが、高機能の手袋でも、キャンプの雰囲気に合わないデザインだと、使っていてテンションが下がります。

せっかくなので、キャンプの雰囲気に合うものを使いたいと思います。

f:id:solocamptouring:20190214230052j:plain

総合的にキャンプで使いやすい手袋

キャンプ専用を謳い文句にしている手袋は、牛本革などで耐熱性を確保したものが多いです。

ここでさらに、防刃性と防水性を持たせつつ、キャンプに似合う手袋がないか考えてみた結果、消防(レスキュー)用の手袋で、おしゃれなものがあればベストだと思いました。

消防用の手袋を調べてみると、如何にもといった白色や銀色以外にも、ネイビー色などがありました!

この手袋が一組あれば、薪割りから火器の使用まで、幅広くキャンプで使えそうです。