ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

テントまわりのイルミネーション。キャンプで夜を安全にすごす為にペグなどを目立たせます

 

スポンサーリンク

キャンプ場で、水場などへの通り道付近にテントを設置する場合、夜間に自分や通行人が、ペグやガイロープに引っかかることがないか気になります。

光る目印でペグやガイロープの存在をアピールして、安全安心にキャンプを楽しむ方法について、まとめてみました。

f:id:solocamptouring:20181122052431j:plain

キャンプでのイルミネーション

月明りを切り裂くような強力な光で周りのキャンパーさんに迷惑をかけないようにするために、ライト類を点灯せずに洗い場などに行くことがあります。

同じことを考えてみえるキャンパーさんや、自然を楽しまれているお子様の安全のために、自分のサイトのペグやガイロープの存在を光でアピールしたいと思います。

また、暗いなかで洗い場などから帰ってくる時に、自分のテントを発見しやすくするためにも、個性的なイルミネーションは効果的です。

しかし、あまりにも激しく主張するような光では、周りの雰囲気に合わない場合もあるので、できればホタルのような淡い光がふさわしいです。

簡単に入手できるものからキャンプに使えるイルミネーションを探してみた結果と、簡単な自作方法を紹介いたします。

手軽に入手できるものを使う

 キャンプ場でよく見かける物から、「これは使えそう!」という物まで、入手してすぐにペグやガイロープの目印として使えるものを選んでみました。

蛍光ブレスレット

ペグやガイロープへのイルミネーションで夜のキャンプを安全に楽しむ

テーマパークやイベントでもお馴染みの、ポキッと折ると光り始めるライトスティックです。

使い捨てですが、一本が約20円と経済的で、夕暮れから翌朝まで、ちょうどいい明るさで光り続けます。

ブレスレット風に円形にできるのも、ペグやガイロープやポールに設置する際の自由度が増すメリットとなります。

光の強さを試してみるために、林間フリーサイトのキャンプ場で、蛍光グリーン色のものをテント周りの地面に4個配置してみました。

林間サイトでは自分のテントが闇に紛れこんでしまうことが多いですが、約20m離れたところからでも、やんわりとした蛍光色で自分のテントが確認できて、真っ直ぐに帰ってこられます。

かといって、光が強すぎないので周りの雰囲気を損ねることもありません。

ソロキャンパーさんが多いような、月明かりの静寂を楽しむキャンプ場で使いたいマーカーです

アイスライト

本来は、カクテルグラスに氷のように入れて、イルミネーションを楽しむものです。

飲料に入れるものなので、しっかり防水されていてキャンプで使うのにも適しています。

蛍光ブレスレットよりは強めの光ですが、直視できないほど眩しいものではなく、さりげなくペグやガイロープの存在をアピールできます。

ただし、水に浸すと光りはじめるセンサー式になっているので、キャンプで使用する時には、実際に水に浸すか、センサー部にアルミホイルを使うなどで工夫することが必要です。

リモコン式のイルミネーション

アイスライトの機能に加えて、自分好みの光り方にリモコンで操作できる防水イルミネーションです。

リモコンから受信できる距離は最大で10mなので、一般的なファミリーキャンプ用テントでは、操作可能な範囲内に設置できます。

ON/OFF操作もリモコンでできるので、日中に設置しておいて、周りが暗くなったら簡単に点灯することも可能です。

ちょっとしたDIYでストラップなどを接着しておけば、ポールにぶら下げたりして、設置のバリエーションも広がります。

LED10灯が一体になっているものと、1灯づつ防水ケースに入っていて合計10個がセットになっているものがありますが、テントまわりに使う場合は10個セットになっているものがおすすめです。

太陽光発電のイルミネーション

昼間に太陽光で充電しておく前提ですが、電池交換が不要のLEDイルミネーションが使えます。

主にクリスマスのイルミネーションや庭先などで使われているもので、電線で繋がったものと、チューブ状のものがありますが、キャンプで使う場合は、絡まりにくいチューブ状の方が使い勝手が良さそうです。

様々なものがあるうちから光り方のパターンが変えられるものを選べば、フェードや点滅などの光も楽しめます。

テント周りで使うとなると約10m以上が必要になりますが、その長さだとLEDが100個程度使われているものが多いです。

さりげなく使うには光源が多めなので、ソロキャンパーさんが多い所よりも、ファミリーやグループキャンプなどで賑わうキャンプ場に向いています。

自作を考えてみる

これまで紹介してきた既製品は、お手頃価格で入手できて光のバリエーションも豊富なので、手軽にテント周りに使いはじめたい方におすすめです。

ここからは、なんでも自分で作ってみたくなる自作派の方への紹介です。

私の場合、使い捨て電池はなるべく使いたくありません。

思いたって突然キャンプに行く事が多いので、ソーラー充電方式では、準備不足により充電時間がしっかりと取れなさそうです。

モバイルバッテリーで一晩駆動できて、気分に応じて好みの光り方を選べるようなイルミネーションを自作してみます。

Arduino とWS2812Bで、イルミネーションを自作する

Arduino とWS2812Bで、イルミネーションを自作する

RGB-LEDを簡単にコントロールできるWS2812Bの使い方は、他の記事で詳しく紹介しています。

www.solocamptouring.com

今回は、なるべく派手にならずに、しかしペグやガイロープに当たってしまう前に注意を引きたいので、WS2812Bは10個だけ使います。

参考で、WS2812Bが5個の場合の回路図を、Fritzing で作成しました。

テントに使うクリスマス風イルミネーションをArduinoとWS2812Bで自作する

実際にはWS2812Bを10個を、0.2sq3芯の電線で約1m間隔で直列につないで、合計約10mのイルミネーションコードを作ります。

WS2812Bを10個つないでArduinoで光らせてみた

2個の可変抵抗(ボリューム)は、それぞれ色と光り方をコントロールするために使います。

光り方をコントロールするArduinoはプロジェクトボックスに入れて、モバイルバッテリーを電源にして光らせます。

Arduino とWS2812Bで、好きな光り方のイルミネーションを自作する

私が使っているモバイルバッテリーCheero Power Plus 3は、AUTO-IC機能がArduinoの微弱電流を「使用中」だと判断できない場合がありますが、10個のWS2812Bを弱く光らせる今回の場合であれば、常に使用中と判断されて途中でオフになることはありません。

最後の仕上げで、電線でつないだWS2812Bのまわりを防水処理したいのですが、良い方法を思案中です。

今の最有力候補は、クリスタルレジンと一緒に型に入れて固める方法ですが、もっと簡単にできる方法がないかを、もう少し考えてみます。

防水処理を追加して実キャンプで防水性を検証できたら、記事を更新して結果を紹介いたします。

クリスマス風イルミネーションのサンプルスケッチ

Arduinoのスケッチを紹介いたします。

光り方は、

  1. sinelon;流れ星のような光り方で往復
  2. confetti;ランダムなホタルのような光り方
  3. sinelonWithGlitter;1と2を合わせたもの
  4. allligh;10個全て点灯

の4種類から、5番のアナログピンにつないだ可変抵抗で選択します。

2番のアナログピンにつないだ可変抵抗では、好きな色か徐々に変わる色を選択します。

Arduinoで自作できるクリスマス風イルミネーション

スケッチは、GitHubのFastLEDライブラリを使いました。

#include "FastLED.h"
#define DATA_PIN    4
#define LED_TYPE    WS2812
#define COLOR_ORDER GRB
#define HEIGHT 1
#define WIDTH 10
#define NUM_LEDS HEIGHT*WIDTH
CRGB leds[NUM_LEDS];
#define BRIGHTNESS  3

const int sampleWindow = 20; // Sample window width in mS
unsigned int sample;
int colorSelect;
int colorPin = 2;
int selectPin = 5;
int val = 0;
int numLedsToLight = 0;
int numLedsSide = 0;

void setup() {
  delay(3000); //delay for recovery
  FastLED.addLeds<LED_TYPE, DATA_PIN, COLOR_ORDER>(leds, NUM_LEDS).setCorrection(TypicalLEDStrip);
  FastLED.setBrightness(BRIGHTNESS);
}

// List of patterns to cycle through.  Each is defined as a separate function below.
typedef void (*SimplePatternList[])();
SimplePatternList gPatterns = { sinelon, confetti, sinelonWithGlitter, alllight };

uint8_t gCurrentPatternNumber = 0; // Index number of which pattern is current
uint8_t gHue = 96; // rotating "base color" used by many of the patterns

void loop()
{

  colorSelect = analogRead(colorPin); //check the volume to choose the color
  if (analogRead(colorPin) < 50) {
    colorSelect = 0 ;
  } else if (analogRead(colorPin) < 950) {
    colorSelect = map(analogRead(colorPin), 50, 949, 0, 255) ;
  } else {
    colorSelect = gHue;
  }

  val = analogRead(selectPin); //check the volume to choose the pattern
  if (val < 205) {
    gCurrentPatternNumber = 0;
  } else if (val < 410) {
    gCurrentPatternNumber = 1;
  } else if (val < 615) {
    gCurrentPatternNumber = 2;
  } else if (val < 820) {
    gCurrentPatternNumber = 3;
  } else {
    gCurrentPatternNumber = 0;
  }

  gPatterns[gCurrentPatternNumber](); // Call the current pattern function once, updating the 'leds' array
  FastLED.show();  // send the 'leds' array out to the actual LED strip

  EVERY_N_MILLISECONDS( 300 ) {
    gHue++;  // slowly cycle the "base color" through the rainbow
  }
}

void sinelon()
{
  fadeToBlackBy( leds, NUM_LEDS, 8);
  int pos = beatsin16(13, 0, 9);
  leds[pos] += CHSV( colorSelect, 255, 192);
}


void confetti()
{
  // random colored speckles that blink in and fade smoothly
  fadeToBlackBy( leds, NUM_LEDS, 2);
  int pos = random16(600);
  leds[pos] += CHSV( colorSelect, 255, 192);
}

void sinelonWithGlitter()
{
  // built-in sinelon, plus some random sparkly glitter
  sinelon();
  if ( random8() < 3) {
    leds[ random16(NUM_LEDS) ] += CRGB::White;
  }
}


void alllight()
{
  // all led with color
  fill_solid(leds, NUM_LEDS, CHSV( colorSelect, 255, 192));
}