ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

ジムニーのミニカー。音に反応して光るJB23風のオブジェを作る。

 

スポンサーリンク

JB23ジムニー 音に合わせて光るミニカー完成

JB23ジムニーが大好きで、普段の脚として、また休日の相棒として愛用しています。

私だけではないと思いますが自分の車に対する愛着が深いと、その車のミニカーが欲しくなります。

過去にはこんな愛車に乗っていました。 

過去の相棒たちのミニカー

色も全く同じです。実車を購入する際はカタログイメージ色を選んでしまう習性も、思い出用のミニカーを入手する時には役に立ちます。

JB23ジムニーのミニカーを探す

現在の相棒JB23ジムニーのミニカーも、予算1000円ほどで探してみました。

しかし、JAモデルは見つかるもののJBモデルは多くないようです。

少し探して見つけられたのは

  • 1/43モデル(7,000円以上)
  • 1/10ラジコン(もちろん予算オーバー)

でした。

タミヤさんのラジコンは、実車のイメージそのもので、違う用途では多いに物欲をそそられます。

 今回は、車のダッシュボードに置くことも想定してトミカのミニカーサイズが希望なのですが、ちょうどいい大きさのものは見つけられませんでした。

 無いものは仕方ないので妥協案を探す

JB23(軽自動車)ではないのですが、ジムニーワイドのミニ四駆であればタミヤさんから販売されています。

 これを入手して、私のJB23ジムニーに近づけてみることにしました。

ミニ四駆の組み立て

自分の乗っている実車JB23(軽自動車)に近づけますが、本格的に再現する気はないので、簡単にできる、

  • ルーフレール切り落とし
  • 車高を落としてタイヤはみ出しも無くす
  • 実車に近い色で塗装

だけやってみます。

スペアタイヤカバーの銀色部分にはアルミテープを貼ってアルミのタイヤカバーの雰囲気を出しました。

電気系カスタマイズ

 実車の中に置くだけのものでは目立たないので、ミニ四駆の室内を光らせようと思います。

もとより走らせる気は無かったので、ミニ四駆に同包されているモーターやギヤは組んでいません。

たまたま持っていた音に反応して光る回路の工作キットをシャシー上に置いてみると、ほぼピッタリの大きさです。

迷うことなく採用して、強力両面テープで固定しました。

JB23ジムニーに、音に合わせて比較

 12Vに対応している回路なので、電源としてヒューズ付きのシガープラグを繋ぎました。

完成しました

JB23ジムニー 音に合わせて光るミニカー完成
JB23ジムニー

 フェンダーがJB23よりも大きく張り出しているなど違う部分はありますが、素のミニ四駆よりも雰囲気は近くなったと自己満足です。

光っています

 見づらいですが、光っている様子です。

光るJB23ジムニーのミニカー

 マイクで集音した音の大きさに応じて光っていて、音楽だけでなく会話の音声にも反応します。

実車のグローブボックスの上に乗せていますが、初めて助手席に乗った人は、光っていることに気づくと、けっこう驚いてくれます。