ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します。

ドライブレコーダーで高画質記録するなら、安いアクションカム複合タイプをオススメする理由

 

スポンサーリンク

いろいろな種類のドライブレコーダーを使ってきたなかで、最も画質が良く使いやすいドライブレコーダーだと感じている、アクションカム複合機を紹介します。

高画質なドライブレコーダーなら、1万円以下のアクションカム両用タイプをオススメ

ドライブレコーダーの用途

ドライブレコーダーを装着する理由のうち、代表的なものをピックアップしてみます。

  1. もし事故にあった時に、揉めたくない
  2. 当て逃げされた場合などで、加害車両(加害者)を特定したい。また、録画をアピールすることで、そのようなトラブルの未然防止としたい
  3. ドライブや行楽の記録として残したい

他にも、社用車の安全運転促進などもありますが、個人用途では主に上記の3点だと思います。

ドライブレコーダー専用機の特徴

品揃えが豊富なドライブレコーダー専用機の、ほとんどのものに備えている基本機能は、

  • 電源ON/OFFが車に連動
  • メモリー容量を使いきったら、古い動画に上書きしていくループ録画

です。

機種によっては、

  • 衝撃(加速度)検知により、異常時の動画をループ録画とは別に保存
  • GPSによる自車位置と速度情報の記録
  • 複数のカメラで、車両周囲や室内も同時録画

できるものもあります。

ドライブレコーダーとして使えるアクションカム

ドライブレコーダーとして使えるアクションカム

アクションカムについて

GoProに代表されるアクションカムは、小さな録画機器で、人や乗り物、ドローンなどに装着して臨場感がある動画を撮ることができる機器です。

その用途から、ほとんどのものが耐衝撃性や防水性を考慮して設計されています。

ドライブレコーダーモード搭載機

アクションカムには、ドライブレコーダーモードを搭載する機種が多くなってきました。

ドライブレコーダー専用機同様に、

  • 電源ON/OFFが車に連動
  • メモリー容量を使いきったら、古い動画に上書きしていくループ録画

の機能を備えていて、使用性は全く同じです。

ドライブレコーダー用途について考察

ドライブレコーダーモードを備えるアクションカムを、車両前側のドライブレコーダーとして使う場合に、前述の用途を満たしているかをまとめてみます。

1.もし事故にあった時に、揉めたくない

ドライブレコーダー同様に、車両前方を広い画角で録画できます。このあと比較結果を紹介しますが、画質はアクションカムの方が良いものが多いので、詳細な状況がわかります。

2.当て逃げされた場合などで、加害車両(加害者)を特定したい。また、録画をアピールすることで、そのようなトラブルの未然防止としたい

録画した動画から多くの情報を得るためには、画質が重要になります。

今日時点で、有名メーカーの1万円前後のドライブレコーダー専用機は、

  • C社: 200万画素
  • P社: 200万画素
  • Y社: 350万画素

です。

*2018年7月時点の実勢価格で選びました。

 

一方でアクションカムであれば、同じ価格帯で

1080〜2000万画素

のものが入手できます。

実際にはレンズやセンサー性能とのバランスが重要なので、画素数=画質とは言い切れませんが、口コミなどで画質が良いと言われているものを選べば、ドライブレコーダーよりも多くの情報を得られる動画が撮れます。

この画像は、アクションカム複合タイプのドライブレコーダーで撮った動画から切り出しました。日射でフロントガラスに室内が映りこんでいますが、車外の画像を判別できるレベルです。

信号がない山間部で、対向車とは双方が50~60km/hですれ違うような道での切り出し画像です。

連休明けに友人から「連休中に、〇〇付近で、すれ違いましたよ」と言われて、ドライブレコーダーの動画を再生してみたら、しっかり映っていました。

友人の車なので隠しますが、ナンバープレートに大きな文字で刻印されている4桁の数字も、判別可能でした。

走行時でも対向車のナンバープレートがわかるレベルの動画が撮れるので、ドライブレコーダーとしての性能は充分です。

 

次に、アクションカムの大きさですが、ドライブレコーダーと同じくらいです。

録画中であることのアピール度は同じくらいなので、トラブル防止効果も同程度と思われます。

3.ドライブや行楽の記録として残したい

ドライブレコーダーの場合、数分から10分程度の長さを一つの動画として保存する方式が一般的です。

そのため、楽しい思い出の記録として使う場合、一番いいところで動画が途切れてしまう場合があります。

アクションカムのドライブレコーダーモードも、同様に細切れになりますが、通常の動画撮影モードに切り替えれば、好きな長さの動画を撮ることができます。

また、内部に充電バッテリーを備えているので、行楽地などで車外での撮影もできます。

行楽の記録として残したい場合は、アクションカムの方が適しています。

満足のアクションカム

車とバイクで、アクションカムをドライブレコーダーとして、数年にわたり使っています。画質が良く、これまで壊れることもなく録画し続けてくれています。

GPSでの位置記録機能や衝撃検知での動画保存機能はありませんが、どちらも頻繁に使いたいものではなく、なくても特に困りません。

そうなると、

  • 画質
  • 携行性
  • 防水性

で優位なアクションカムをお勧めします。

メーカーによっては、豊富なアタッチメント類が同包されて1万円前後で入手できるので、自由度がある取り付けで、すぐに使いはじめることが可能です。

また、同価格帯でWiFi通信機能を備えたものもあり、スマホで簡単に動画再生確認できるのも便利です。