ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

はんだ付け時のストレスから解放される作業台を安く自作

 

スポンサーリンク

 

はんだ付けの作業台が欲しくなる

10年以上にわたり、月に1度くらいしか、はんだごてを使わなかったので、作業台は使わずにはんだ付け作業をしてきました。

通常の作業では、

  • 右手に、はんだごて
  • 左手に、はんだ
  • はんだづけされるもの(基板など)は、机の上におく

というスタイルでした。

 

基板に穴があいている場合など、電子部品を固定しておければ、この方法で問題ありませんが、たとえば電線と部品を空中はんだ付けする場合は、手がもう一本以上欲しくなります。

 万力、クリップ、ウエイトなど、身の回りにあるものを駆使して、なんとか作業することはできるのですが、最近は以前より頻繁に作業するようになったこともあり、効率的に作業を進めるために「手が、もう2本」あるかのように使える作業台が欲しくなりました。

 

既製の作業台

どんな作業台が売られているか調べてみました。ルーペにクリップ2~4個が立体的に取り付けられているものが多いようです。

実際に触ったことはありませんが、土台の部分は重いか、しっかり固定できるようになっていると思われます。

基本的な機能は「物を挟んで固定する」だけなので、自分の使い方に合ったオリジナルの作業台を自作できそうです。

 

はんだ作業台の自作

作業「台」なので、A3サイズほどの大きさの台に、必要なものを固定する方式でつくります。まずは、はんだ付け作業で欲しい機能を挙げてみます。

  • 基盤がクリップ2個で空中で固定できること
  • さらに2個のフレキシブルなクリップで、部品を自由な位置で固定できること
  • はんだごて台もつける

この台で、電子工作もできるようします。

  • ブレッドボードを固定
  • 台上でカッターが使えるようにする
  • ちょっとした小物入れをつけておく

 必要な仕様が決まったので、100円ショップとホームセンターで必要なものを揃えました。木の台座で作ったので、特にむつかしい作業もなく、台にネジでいろいろ取り付けるだけで、すぐに完成しました。

はんだ付け作業台の自作



クリップが取付けられているのは、天井や壁に小型スピーカーを取り付ける為の汎用ユニバーサルジョイントです。

f:id:solocamptouring:20171217185157j:plain

クリップのうち2個は、針金をねじって作ったフレキシブルアームもどきを介して付けています。これによって空中でのハンダ付けが、ストレスなくできるようになりました。

f:id:solocamptouring:20171217185251j:plain

大きい方のブレッドボードは木の台に固定しましたが、小さいほうは固定せずに使います。

自作はんだ付け作業台で作業を快適化
こんなに便利になるのに、何故もっと早く導入しなかったのだろう?と思わせる一品です。

今後、ルーペを追加して、さらに作業性を良くすることも検討中です。