ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します。

寝ながら使えるスマホスタンドを安く自作し、見ながら寝入る

 

スポンサーリンク

アルミ押し出し材で寝ながらスマホスタンドを簡単自作
クランプ三脚で寝ながらスマホスタンドを簡単自作

寝ながらスマホを使いたい

夜や朝に布団の中でスマホを使っている方、多いのではないでしょうか。 

私は夜に布団の中で、iphoneやipodタッチでドラマを見ています。一日でいちばんリラックスできる時間、寝る前にドラマを見たいというより見ながら寝落ちしたいのです。 

布団のなかでドラマ一本分くらいの時間がたつと寝てしまうのですが、スマホを手で保持しているとすぐに疲れてきます

どうにかならないものかと思い、スタンドを導入することにしました。

自作スマホスタンドの完成イメージ

 

市販品のスマホスタンド

まずはアマゾンで探してみると、フレキシブルアームのスマホスタンドが数多くヒットします。そのうちの大半はクリップでベッドサイドなどを挟んで固定する構造です。

 

他の解決手段として車用の吸盤固定タイプのものを使うことも考えました。特に横向きで寝たい場合でベッドサイドに壁がある場合は、簡単に使えそうです。

アマゾンで売れ筋NO.1のものは、吸着力や使用性についての良いコメントが圧倒的に多く、安心して使えそうです。

どちらの既製品も、使えないわけではなくコストパフォーマンスも良いのですが、簡単な構造ゆえにDIY好きの血が騒ぎます。

自作してみて使えなかったら市販品を買うことにして、まずは今あるものを活用しつつDIYすることにします。 

寝ながら使えるスマホスタンドのDIY

まずは、使えそうなものを家の中から集めてきました。

・アルミのL断面材(使いまわしなので、穴だらけです)
・L字金具(たぶん100円ショップのもの)
・何かのユニバーサススタンド
・クランプ三脚

f:id:solocamptouring:20171216140432j:plain
f:id:solocamptouring:20171216140513j:plain
家にあったもの(左)と買ってきたもの(右)

これらの物を使った完成形をイメージしつつ、足りないものを100円ショップとホームセンターで入手してきました。

・100円ショップのスマホスタンド
・ナットと蝶ボルト
・アルミのL断面材

 

組み立て作業

早速、作っていきます。まずはクランプ三脚に、使いまわしのアルミ材を、L字金具を介して固定します。
クランプ三脚から出ている、カメラ取付用のボルトはインチねじなので、それに対応したナットが必要です。


次に、アームの関節になる部分の結合です。蝶ボルトを使用することで、調整可能にします。

寝ながら使えるスマホスタンドの自作 組み立て1
寝ながら使えるスマホスタンドの自作 組み立て2
クランプ三脚への組付け(左)、アーム関節部の蝶ボルト用穴あけ(右)

買ってきた方のアルミ材は、穴あけ後のバリ取りとあわせて、角をおとして痛くないようにしておきました。

寝ながら使えるスマホスタンドの自作 組み立て3
寝ながら使えるスマホスタンドの自作 組み立て4
関節部の蝶ボルト(左)、スマホクリップトユニバーサルジョイント(右)


スマホを取り付ける部分を作成します。スマホスタンドにボルト締め付け用の穴をあけました。


スマホスタンドとユニバーサルスタンドをボルトで結合しますが、プラスチックは強く締め付けると割れてしまうので、締め付け点から離れたところで両面テープを併用しています。


あとは、アルミ材にもう一か所穴をあけて、合体させれば完成です。

寝ながら使えるスマホスタンドの自作 組み立て5
寝ながら使えるスマホスタンドの自作 組み立て6
スカホクリップ部(左)、最終組付け前(左)

自作スマホスタンドの感想

アルミ押し出し材で寝ながらスマホスタンドを簡単自作
クランプ三脚で寝ながらスマホスタンドを簡単自作

とにかく楽です。夜寝る前に、腕がつかれる事もなく、至福の時間を過ごすことが可能になりました。

アームの折れ部を調節式にしたので、寝る時以外は約半分の大きさに折りたたんで収納する事ができます。

アームを折りたたんだ状態では、机の上で普通のスマホスタンドのようにも使えます。気分はデイトレーダー!

自作スマホスタンドで気分はディトレーダー

 勢いで自作しましたが、普段は使っていない適度な重さのクランプ三脚が手元にあったので、アームを長くのばしても倒れないスマホスタンドを作ることができました。