ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

冬のキャンプでテント泊を堪能する!電源がないサイトでの暖まり方とおすすめの暖房器具の紹介

 

スポンサーリンク

冬のキャンプに興味があるけど、寒さが心配!

そんな不安を少しでも払拭できるように、氷点下になるかならないかぐらいの場所での、冬のキャンプにおける暖房や暖まり方について紹介します。

冬でもテントキャンプに行く場合の温まり方(暖房)

冬こそキャンプが楽しめる

真冬の12月から2月の間は、キャンプ場で見かけるテントの数は少なくなります。

そのような季節にこそキャンプに行きたいと思う人は少なくないようで、私がよく行くキャンプ場は、いつ行っても完全に一人という事はありません。

真冬のキャンプが楽しいのは、

  • 焚火の嬉しさが増す
  • 静か
  • 近くの周りに人目がない

といった理由で、場所も広く使えるので、煙や匂いが多めの料理をしたり、キャンプスタイルをいろいろ変えて試したりできるのも、冬だけの特典です。

冬キャンプのスタイル

 自由を満喫できる冬のキャンプですが、他の季節と違って防寒対策が必要になります。

キャンプスタイルによっても違ってきますが、テント内で電気や火が使えない場合を中心に、主な防寒や暖房方法を紹介いたします。

極上の暖房ストーブ付きキャンプ

最初に、難燃性のテント内で使える薪ストーブを紹介いたします。

コットン生地などを使った難燃性のテントに煙突を耐熱貫通させて、中で薪ストーブを使うスタイルが、冬のテントキャンプでは暖かくて快適なだけでなく、雰囲気も盛り上げてくれます。

コンパクトで持ち運びしやすいストーブもあるので、車などの荷室に余裕がある移動手段であれば難なく持参できます。

オールシーズンテントでのキャンプ

ソロキャンプの場合は、通年で使えるテントを持ち込む人が多いようです。

そのような場合の暖まり方を紹介します。

コンセント電源付きのキャンプサイトの場合は、電気毛布などで容易に暖まることができるので、ここでは除外しています。

テントの外での暖のとりかた

まずは、暖かい服装を

言うまでもありませんが、暖かい服装がいちばん有効です。

焚火などでスポット的に温まる場所を作っておいても、いろいろな用事で一時的にその場を離れる事があります。

その際にも保温できる服を着ておく事が大事です。

上着だけでなく、脚の防寒対策もお忘れなく!

焚火や炭で暖まる

焚火や炭など、ある程度の時間は持続して燃える熱源があれば、手のひらや体の冷えた部分を熱源に向けて暖まることができます。

f:id:solocamptouring:20171207052354j:plain

有るのと無いのとでは大違いなので、真冬のキャンプには熱源として暖まることができる装備と燃料を持っていくべきです。

焚火の場合は、空気の通りが良くて火が消えにくい焚火台を準備しておけば、地面が濡れていても安定して暖まれます。

f:id:solocamptouring:20180923133653j:plain

コンパクトな暖房機器を使う

テントの外で調理や食事を楽しむ時に、足元から寒さを感じる場合があります。

このような時に、屋外で使えるコンパクトヒーターを使って足元を暖めたくなります。

屋外なので、対流式のストーブではなく、電熱ストーブなどの遠赤外線で暖まりたいところですが、一般的なフリースペースのキャンプ場には交流電源がありません。

灯油ストーブや調理用バーナーを流用するタイプの暖房機器がありますが、灯油は専用で燃料が必要になり、また調理用バーナーに被せて使うタイプのものはごく近距離でしか暖まれません。

適度にコンパクトで、比較的に暖まりやすいものとして、CB缶(カセットコンロの燃料缶)やOD缶を使ったヒーターがあります。

料理用バーナーもCB缶やOD缶のものにして燃料を統一しておけば、何種類も燃料を持つ煩わしさもありません。

ただし、あまりに寒いと缶の内圧が下がってしまいパワーダウンもしくは火がつかないことになるので、使う前に缶をポケットに入れて温めておくなどの工夫が必要です。

座布団や銀マットを活用する

椅子に座る場合でもグランドシートで地面に座る場合でも、おしりの下から冷えてきます。

座布団などで熱が逃げないようにするのですが、おすすめはスポンジ層付きの銀マットです。

私は長さ180cmx幅60cm、厚さ8mmの丸めて持ち運べるものを使っています。

これを準備しておけば、就寝時に加えてテントの外でも、椅子にひいてお尻と背中の熱が逃げることを防止できます。

テント内での暖のとりかた

今更ですが、使用するテントが、その中での火器の使用を禁止しているものであれば、従うべきです。

もし火事がおきれば自己責任だけではすみません。

火事にならなくても、火を使う暖房器具を密閉できるテント内で使うと一酸化炭素中毒の恐れがあります。

窓や出入り口を少し開けておいたとしても、雨や露などでテントが濡れると密閉状態になることがあるので、寒くてもやめておきましょう。

気温に対応した寝袋を使う

良心的な寝袋メーカーであれば、その寝袋の耐寒温度や通常使用できる温度が明記されています。

しかしメーカーによって推奨温度の考え方が違うので、入手する前に通販サイトのレビューなどを確認してみるとわかりやすいです。

一般的に、同じ暖かさでは、化繊よりダウンの方がコンパクトかつ軽量になります。

また封筒型よりマミー型の方が暖かいといわれています。

マミー型でありながらストレッチする構造になっていて、封筒型のいいところも持ち合わせたものもあります。

寒さに対応した冬用寝袋を持っていても不安であれば、保険として厚手の毛布を準備しておきます。

冬用寝袋だけでは寒くて寝れない時には、毛布を併用すると暖かさがずいぶん違います。

地面と遮熱する

高性能な厚手の寝袋で寝る際に、上や横からの冷気は寝袋がしっかりと遮断していても、体と地面の間は寝袋がつぶれているため、保温できずに地面の冷気が伝わってきます。

テント内の床面に直接寝袋をひくのではなく、まず断熱の為に銀マットをひいて、その上に保温の為のエアーマット(インフレーティングマット)をひくと、下からの寒さがずいぶん緩和されます。

それでも寒ければ、安全な湯たんぽ

就寝時に、寒くてどうしても何かに頼りたい場合や、私のように足の先だけは余分に温めておきたい場合は、湯たんぽが便利です。

お湯を作る手間がかかりますが、自分好みの温度が作れるので、寝つく時は快適そのものです。

とくに冷え性の人は、一回使うと手放せなくなるかも?

 最後に

とにかく備えあれば憂いなしです。

荷物に余裕があれば、重ね着できる服や毛布など、いざという時に使えるものを持参しておきます。

また、いきなり極寒のキャンプ地に行くのではなく、少しづつ寒いキャンプを経験していき、徐々に冬用装備を足していけば安心です。

静かなキャンプ場で、暖かくして寝た翌朝に、テントから出て冷たく澄んだ空気を深く吸い込むと、清々しい気持ちになります。

皆様も、暖かくして真冬のキャンプを楽しんでください!