ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

FRPの重いメインポールをアルミに変えて、テントを軽量化。コールマン ツーリングドーム 

 

スポンサーリンク

使いやすいテント「コールマン ツーリングドーム」 の、唯一の不満である「重い」点を、軽量化で改善したいと思います。

重量増の要因となっているFRP(グラスファイバー)のメインポールに着目して、高級テントと同じ、アルミ(ジュラルミン)材質のポールを使えるようにしてみます。

FRPのメインポールをアルミに変えて、テントを軽量化。コールマン ツーリングドーム 

コールマン ツーリングドーム LX 

一年を通して、ソロキャンプでは主に、コールマン ツーリングドーム LXを使っています。

テント内スペースと前室エリアの両方とも、ソロキャンプには充分の広さで、天候が悪化しても、テント内にキャンプ道具を全て収納できます。

f:id:solocamptouring:20180901173327j:plain

防水と通気もしっかり考えられた作りで、広さの割には手軽に入手できる値段なので、気に入っています。

名前に「ツーリング」が入っているので、バイクや自転車で移動するキャンプで使用することを考えられているようですが、それにしては重さが5,600gと、他の同じサイズのテントと比べて重くなっています。

重さの要因は、ポールの材質

ツーリングドーム LXと、同じカテゴリーに入る他のテントの重さを比べてみます。

  • ツーリングドーム LX ; 5,600g
  • スノーピーク アメニティドームS  ; 5,000g
  • オガワ ステイシーST-2 ; 3,900g

軽いテントとの違いですが、ツーリングドーム LXのポールは、FRP(グラスファイバー)でできていることが挙げられます。

一般的にFRPのポールは、アルミのものに比べて

  • 重い
  • 繊維にそって裂けるように破壊されるので、キャンプ中に折れると応急処置に手こずる時がある

というデメリットがあります。

このため、多くの高級テントのポールには、軽量なアルミ(ジュラルミン)が使われています。

長さは違いますが、Nemoのテントに使われているDAC製のアルミポールと比べても、重さの違いが一目瞭然です。

ツーリングドームのFRPポール(1140g)と、Nemoのアルミポール(390g)

ツーリングドームを軽くする

それでは実際に、お気に入りのツーリングドームを軽量化して、ツーリング用テントとして使いやすくしてみます。

長さを確認して、アルミのポールを入手する

アルミのポールは、海外製の汎用品を通販サイトで安く入手することができます。 

まずは、最初からテントに付属していたFRPポールの長さを確認します。

コールマン ツーリングドーム LX メインポールの長さ

ツーリングドーム LXのポールの長さは、約395cmです。このメインポールは、一端をテントの袋状になっているところに入れて、反対の端をテントのペグ用ベルトについたピン(写真の右下)に差し込んで使う構造です。

合計2本のメインポールをテントに設置することで、天井部が支えられています。

新たに入手するアルミのポールは、使ってみて長ければ切断すればよいので、少しだけ長めの400cmのものを2本入手しました。

ツーリングドームテントの小改造が必要

アルミのメインポールは入手しましたが、そのままではツーリングドームに使うことができません。

入手した汎用アルミポールの両端末は、テントの四隅についているペグ用ベルトのハトメ穴に差し込むタイプの形状になっています。

f:id:solocamptouring:20180901185202j:plain

そこで、ツーリングドーム のペグベルトにも、同様のハトメ穴をつけます。

不要になるFRPポール用のピンをリングから外して、ハトメを2個つけたベルトを自作してリングに通します。

細かな調節ができるように、ハトメは1か所に2個つけておきました。

ツーリングドーム にアルミポール用のハトメをつける
ツーリングドーム を改造してアルミポールを使う

入手したアルミポールの長さは400cmで、もとのFRPポールより約5cm長かったのですが、追加したベルトやハトメに差し込む部分の長さなどを考慮すると、切断して短くしなくてもピッタリの長さでした。

f:id:solocamptouring:20180901190159j:plain

ツーリングドーム LXは、どれだけ軽くなったか?

ツーリングドーム LXには、2本のメインポールの他に、前室と後室の屋根を支えるポールがそれぞれ1本づつあります。

前室と後室用のポールもアルミ化したいのですが、屋根を支える部分に折れがある形状をしており、強度を落とさないでアルミを曲げて加工することは難しそうなので、今回はFRPのままとしました。

f:id:solocamptouring:20180901190853j:plain

FRPとアルミそれぞれの、メインポール2本分の重さを量ってみました。

  • FRP ; 1140g
  • アルミ ; 560g

その差は560gです。テント総重量は、単純計算だと

5,600 - 560 = 5,040(g)

となり、スノーピーク アメニティドームSとほぼ同じレベルまで、軽量化できました。

参考で、今回はアルミ化を見送った前室と後室用のFRPポールは、合わせて690gです。これらのFRPポールまで手を付ければ、さらに数百gの軽量化が可能だと思われます。

約600gだけとはいえ、手で持った時には重さの違いをしっかりと感じられ、バイクでキャンプに行くときに、積載を躊躇することもなくなりました。