ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

人気のコットをスペック比較。冬に下側の暖かさを実感する使用方法も紹介します

 

スポンサーリンク

キャンプで快適な睡眠を得られる人気のコットを、重さや収納サイズで選べるように、一覧表にして比較してみます。

寒い季節の、ちょっと驚きの暖かい使い方も、最後に紹介しています。

人気のコットを軽さと収納サイズで比較。軽量キャンプにおすすめのコット選び

コットについて簡単に紹介

英語のコット(COT)は、簡易ベッドやキャンプ用ベッドを意味します。

赤ちゃん用のベッドは、"Baby Cot" ですね。

キャンプ用コットの種類

テント泊で使われるコットは、軽量な担架のようなものや簡易ベッド風のしっかりした骨組みにものから、上部に蚊帳やフライがついた高床式テントのようなものまで、様々な種類があります。

 

ここでは、ハイキングやバイクツーリングにも使いやすい、軽量かつコンパクトなコットを比較します。

コットのメリット

安定した寝こごち

テント内で地面の凹凸を吸収して寝やすくするためには、クッションマットやエアーマットを使う方法もありますが、大きな突起物は吸収しきれなかったり、ゆっくりと空気が抜けたりして、いつも快適だとはかぎりません。

地面から浮いて寝られるコットは、広く平らなキャンプ場所を選んでおけば、小さな凸凹は全く気にすることなく、朝まで同じ寝こごちで熟睡できます。

夏に涼しい

キャンプで使うコットの寝台は薄い生地が使われているので、寝た時に体の下側に熱がこもりません。

夏に、キャンプチェアやハンモックが心地いいのと同じで、コットも下側の空気の流れにより涼しさを感じながら寝ることができます。

逆に冬には、体の下側から熱が逃げていくので、寒さを感じやすくなります。

冬でも快適にコットを使う方法は、記事の最後で紹介いたします。 

軽量でコンパクトなコットの比較一覧表

軽量(2.5Kg以下)で持ち運びが楽なコットを、一覧表にして紹介いたします。

メーカー
商品名

写真
(Amazonリンク)

使用

サイズ
(cm)

収納

サイズ
(cm)

重さ
(g)
ヘリノックス
ライトコット 
60
x
185
x
13
13
x
13
x
53
1260
サーマレスト
ラグジュアリーライト
ウルトラライトコット
61
x
183
x
10
13
x
13
x
41
1195
ロゴス
7001 アッセム
コンパクトベッド
61.5
x
185
x
12.5
4.5
x
20
x
43
2000
DOD
バッグインベッド
72
x
183
x
15.5
13
x
16
x
51
2300
DESERT WALKER
折りたたみ式ベッド
60
x
185
x
15
12
x
12
x
50
1300

一年を通して使うことを前提にしているので、メッシュ生地のものは除外しました。

サーマレストのウルトラライトコットは、下側からの寒さ対策として、裏面に熱を反射するシートがラミネートされていて、断熱性を高めています。 

それぞれで違う構造の脚を採用しており、組み立てしやすさも違いがあるので、選択する時の決め手にしてみてもいいですね。

脚をたわませながら組み立てる構造の場合、コットを横向きに立てて、脚に体重をかけていくと、組み立てが楽です。

コットの楽な組み立て方

冬でもコットを快適に使う工夫

体の下側から熱が逃げるので冬には寒さを感じやすいコットを、暖かく使う工夫を紹介いたします。 コットの上で冬用の寝袋を使う前提です。

最初に思いつくのが、コットの上にクッションマットやエアーマットを置いて使うことです。

f:id:solocamptouring:20181103160126j:plain

しかし、私は荷物の軽量化にこだわりたいので、マット類よりも快適に寝られることがメリットのコットを、マットで補完したくはありません。

そこで、もっと効果的な方法として、コットの下側にある体重で潰されないスペースを活かして保温します。

地面からの高さが低いコットだからできる技ですが、夏用の寝袋を準備して、コットの下にひくだけです。

f:id:solocamptouring:20181103160230j:plain

コットが体重で沈み込んだ時には、その下側の寝袋が潰れすぎないので、保温効率がいい状態で体に接します。

私が使っているコットの高さも15cmと地面に近いですが、下側に夏用寝袋をひくことで厚い断熱層ができていて、エアーマットよりも下側が暖かい状態で寝られます。

また、コットと夏用寝袋を組み合わせて使っても、収納状態はエアーマット単体と同じくらいにコンパクトなので、軽量キャンプ派にもメリットが多くて、おすすめです。

冬でもコットを暖かく快適に使う工夫

左(赤)がエアーマット。右がコットと夏用寝袋。

地面からの高さがあるコットの場合は、クッションコードなどで寝袋をぶら下げると、同じく厚い断熱層をつくれるので、下側から冷えることなく寝られます。