ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します。

キャンプスタイルに合わせたテント選び。高機能からおしゃれなものまで一気に紹介

 

スポンサーリンク

あなたが選ぶテントはどれ?これからキャンプを始める人のために

テント選びについて

テント選びに迷っている、またはこれからキャンプを始められる方のテント選びをお手伝いできるように、いくつかの切り口別のテント選びをまとめてみました。

テントを選ぶ際の着目点

テント選びにおいて考慮していきたいことを紹介します。

重さと収納時の大きさ

キャンプ場まで車で移動しても、キャンプ場内で荷物の持ち運びが発生する場合は、重さと収納時の大きさが気になることがあります。

キャンプ場によっては手押し車などを貸してくれるところもありますが、あらかじめ自分で運搬器具を持っていくキャンパーさんが多いです。

運搬するシーンもイメージしながら、テントに限らずキャンプ器具を選定しておくとスマートに移動できます。

ポールの材質

細いポールをしならせて使うテントの場合、ポールの材質は、アルミかグラスファイバー樹脂(FRP)のいずれかです。

エントリーモデルのポールにはグラスファイバー樹脂が使われていることが多いですが、重く、また強風などで裂けるように壊れてリカバリーが難しい場合があります。

グラスファイバー樹脂のポールの場合、壊れそうになったら汎用のアルミ製ポールに買い替える可能性も考慮しつつ、テントを選んでみてください。

はじめてテントを選ぶ方への雨の日アドバイス

f:id:solocamptouring:20180121065939j:plain

雨の日は、テント自体の防水性にすべてをゆだねるのではなく、グランドシートやタープといった補助的なものを使ったり、テント設置場所の選択やテントまわりに溝を掘るといったことで工夫すれば、単体で使うよりも快適に安心してすごす事が可能です。

 

それでは次に、 選定アイテムごとのおすすめテントを紹介します。

人数で選ぶ

テントを選ぶ時に一番最初に考えるのが大きさで、何人で使うかによってその大きさが変わってきます。テントの使用人数別におすすめのテントをまとめてみました。 

 

カタログ値を参考にする際のアドバイス

テントの使用人数カタログ値は、「これだけの人が、一度に寝ることができます」という数字であって、中でゆったりすごせる人数ではありません。

複数の大人で使用する場合は、テントの仕様に書いてある人数を2で割った人数だとテント内のスペースにゆとりがあります。

まだ小さいお子様が含まれる場合は、大人は人数X2人、子供は人数X1人で合算して、カタログの人数と比較して検討してみてください。 

通販サイトで選ぶ場合、海外限定仕様のテントも売っていますが、仕向け地によっては「気温が高い地域」や「雨が降らない地域」向けのテントで、たとえばフライシートが天井部のみに設定されており、日本の気候に合わないものもあります。

人数でみるテントの種類

グループキャンプ、ファミリーキャンプ

天井が高く、複数の部屋で構成されたテントになります。

設置や撤収もグループやファミリーでできるといいですが、もし一人でやるとなると特に高さがあるテントは大変です。

床面があるかどうかで、テント内で使う道具の種類も変わってくるので、購入する前に寝床の作り方などを決めておいて、そのスタイルに合わせたテントを選んでみてください。

二人でのキャンプ

多人数用のテントでも、「大は小を兼ねる」のですが、設営や撤収、持ち運びを楽にしたい場合は、ちょうどいい大きさのものを選びたいです。最近はポップな色使いのものも増えてきて、選んでいるだけで楽しくなります。

スノーピークのタシークは、大きめのインナーテントも別売されています。

ソロキャンプ

天気が悪い時などに荷物も中に入れる事を考えると、2人用以上の大きさのテントをおすすめします。

このカテゴリーからTepeeタイプではないものを選ぶ場合、ほとんどはリビングルームが無いものからの選択となりますが、天気が悪い日に少しでも快適に過ごすためには、前室の大きさが重要になってきます。

形で選ぶ

キャンプ場では様々な形のテントがカラフルな花のように咲き乱れます。デザイン性の高いテントを見かけると、しばらく目が離せなくなることもあります。

個性豊かなテントたちを、形別で大きく分けてみました。 

テントの色使い

ここでは、いろいろな形のテントを紹介してみます。お気に入りの形のテントがみつかればいいですね。

色については、多色をカラフルに使っているものやショッキングピンクなど様々なものが出そろいましたが、今年はその反動からか黒などのダーク色でクールな印象のものが出始めました。

形でみるテントの種類

ティピーテント(モノポールテント)

コンベンショナルなテントと人気を二分する、とんがり形状のテントです。

ティーピー(Teepee)もしくはティピ(Tipi)は、北米大陸のカナダ南部からアメリカ中央平原部までの原住狩猟部族の移動用住居のことです。

今日我々がキャンプで使うティピー型テントも、彼らの移動用住居同様に設営が簡単な構造になっています。

コンベンシャナルなテント

キャンプ場で最も多く見かけるテントです。数本のポールを用いることで骨組みとして、テント生地の張りも用いて自立しています。

多人数用のものは中が部屋分けされているものもあります。

同一メーカーのタープやテントと結合できるものもあり、宇宙基地のように組み合わせれば、お子様も大喜びです。

ハンモックと融合したテント

ハンモックに適した木がある場合限定となりますが、寝るためのハンモックがあります。装備が軽量コンパクトになり、北米など海外でよく使われています。

宙に浮いているため、地面の湿気や積雪から切り離されて睡眠がとれ、雨でもテントの水没を心配することがなくなります。

設置する場所を選ぶことになりますが、こんな楽しそうな空中テントもあります。

スポンサーリンク

 

メーカーで選ぶ

お気に入りのメーカーが決まっていなくても、テントを選ぶ時にメーカー名が最後の決め手になることがあると思います。

有名メーカーのおすすめテントをまとめてみました。 

テント コールマン ツーリングドームLX

テントメーカー

コールマン(Coleman)

ランタンのマークは、キャンプ場でよく見かけますね。

アメリカで100年以上前にコールマン氏がランタン事業で始めた会社が前身です。日本で売られているテントは専用設計モデルが多く、日本の気候に合ったものになっています。

 

スノーピーク(Snow Peak)

新潟県の本社敷地内に直営キャンプ場があることでも有名な日本メーカーです。テントの破損などへのアフターサービスが充実しています。

 

オガワ(ogawa)

老舗で実績ある小川テントから名称がかわってogawaとなりましたが、テントなどのキャンプ用品が販売継続されています。2018年も居住性の良い新作が出ています。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

新潟県に本社があるパール金属のアウトドア用品ブランドです。テント以外にも幅広く商品展開をしています。

 

ディーオーディー(DOD)

大阪府に本社があるビーズ株式会社のアウトドア用品ブランド。ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)と言ったほうがなじみがあるかも。

 

ハンモックメーカー

 ヘネシーハンモック エクスペディション

浮遊しながら寝られる独特の感覚は格別です。日本で簡単に入手できる大手3ブランドを紹介します。

 

ヘネシー(HENNESSY)

カナダの西海岸沿いの島でTom Hennessyが長年テストを重ねながら開発した就寝用ハンモックで、現在では、まったくポール類を使わない蚊帳付きハンモックを主にラインアップしています。

オプションで設定されている、スネークスキンという名前の通り蛇が脱皮した皮のような収納グッズを使うことで、ハンモックをコンパクトに持ち運べて設営&撤収がたいへん楽になります。

 

イノー(ENO)

アメリカの自由な雰囲気満載のハンモックです。蚊帳が必要な場合は、すっぽり覆うタイプのネットを別に購入する必要がありましたが、ここに来てENOも蚊帳一体タイプをラインナップしました。。ハンモック自体の機能がシンプルな分、ストラップ等のオプションが充実しており、個々にカスタマイズして楽しめます。

カラフルなラインアップは、一見の価値あり!

 

 DDハンモック(DD Hammocks)

インドネシア、中国、モンゴル、ロシアをはじめ、ヨーロッパ中を旅行したNick Vansittart氏がハンモックの優位性に気付いて、イギリスで始めた会社です。

しっかりとした蚊帳などは、旅行家としての想いが伝わってきます。

 

設置しやすさで選ぶ

キャンプ場についたらテント設営は素早くすませて、すぐにアウトドアを満喫したい!

そんな方に最適な、比較的に設置しやすいテントを紹介いたします。 

 

ワンポイントアドバイス

テントって設置が大変そう!あるいは、大変!と思われる方が多いと思います。

これからキャンプを始める方は、テントを設置する事と収納する事に不安を感じていると思いますが、だいたいのテントは慣れてこれば楽しんでやれるレベルです。

テントを広げるのにかかる時間の比較目安としては、使用するポールの本数が、おおざっぱですが参考になります。とにかく組み立てを楽にしたいのであれば、ポールが少ないものを選んでみてください。

さらにアドバイス

テントを設置する際に、上手くできないと時間がかかる作業がもう一つあります。最後にテントを設置完了するための、ガイライン(張り綱)を地面へアンカーする作業です。

小石が多いところなどでは、エントリーモデルに付属するワイヤーペグやプラスチックのペグでは、地面にうまく入らず曲がったり割れたりします。

そこでおすすめなのが、少し荷物が重くなってしまうのですが鍛造ペグです。

小石の多い地面でもペグが曲がらずに入れば、しゃがみこんで作業する時間が大幅に短縮できます。

また、ねらいの角度どおりに打ち込めたペグはガイラインに引っ張られても抜けにくくなるので、トータルで楽にテントを設置できます。

f:id:solocamptouring:20180502184457j:plain

私もそうですが、どうしても荷物を軽くしたい方は、鍛造ペグを1本だけ準備しておいて、地面に打ち込んで抜いた後に残ったストレートな穴に、アルミのワイヤーペグやY断面ペグを入れると、ペグが曲がってしまう可能性が低くなります。

広げやすいテント

ここでは、アドバイスで紹介したように、「ポール数が少ないテント=広げるのが楽」との定義で、いくつかテントを紹介いたします。

 

ワンタッチテント

傘のような感覚で広げられるテントです。フライシートを被せる場合は、さらに一手間必要になるものが多いですが、それでも2ポールもしくは3ポールのテントに比べると格段に広げるのが楽です。

ティピー型テント

中にポールを一本たてて、周囲からテンションをかけて倒れないようにすれば設置完了です。最初は「周囲からテンションをかける」ことに苦労するかもしれませんが、すぐに慣れます。美しい多角錐が作れると、しばらく見とれていたくなります。

山岳用の2ポールテント

一見普通の2ポールテントですが、山岳用のコンパクトなもので、高さは低めのものが多いです。高さが低い分だけ中央部へのリーチがしやすく、設営が楽なので紹介しておきます。

他の方法で選ぶ 

 別の記事で、少しちがう視点でのテント選びについても紹介しています。

www.solocamptouring.com

www.solocamptouring.com