ソロでたのしむ

キャンプ、電子工作、DIY、乗り物などの趣味を紹介

ドリンクホルダー付きテーブルを助手席の乗降性を考慮して自作。JB23ジムニー

 

スポンサーリンク

ジムニーの収納性

ジムニーの助手席の前には、モノを置くスペースがあります。

ジムニーの助手席の前のモノを置くスペース

ペットボトルを横にして入れたり、折りたたみ傘を置いたりできますが、すこし味気ないし、中途半端な大きさで拡張性も少ないです。

それではテーブルをつけてみましょう!という軽い気持ちで自作してみました。

テーブルを自作します

天板は木の板、柱は木の丸棒から作りました。

高価な電動工具がなくても、安価なジグゾーがあれば曲線で木の板を切断するのも簡単です。綺麗に切ることも可能なので、木工をしてみたい方にはオススメです。

今回作ったものは、助手席への乗り込みの邪魔にならないように、上から見たら三角形のような形になっています。

JB23ジムニー 自作テーブルを追加1
JB23ジムニー 自作テーブルを追加2


ペットボトルをさしこんでも助手席の人の邪魔にならないようにしたかった為、二階建てのテーブルにして、ペットボトルが安定する高さを確保しています。

ペットボトル(ドリンク)ホルダーの網は、壊れたキャンプ用チェアの肘掛けから再利用してネジ止めしました。

車への取り付け

取り付け構造ですが、車への穴あけをしなくてすむように工夫しました。

下側は、100円ショップの台所用コンビニ袋フックを活用してグローブボックスの天井面に差し込みます。

上側は、鉄製の汎用ステーを曲げて、モノ置きスペースの上面に両面テープで止めています。

上側の両面テープ付きステーを少し干渉ぎみにモノ置き上面に当てることで、しっかりと固定されました。

JB23ジムニーのテーブル自作

大理石風のラッピングテープは、100円ショップのものです。黒色系だったら何でも良かったのですが、たまたま目に留まったので使ってみました。少し薄くて貼り付け時に破れやすいですが、一度貼ってしまえば接着力は十分です。


さて、市販のものには及びませんが、そこそこのクオリティーでできたと喜んでいた自作テーブルですが、この取付位置だと助手席のエアバックが展開すると当たる位置になっているようです。

調べてから作れば良かったのですが、大失敗です。残念ながら、このテーブルは使わないことになりました。

追記;テーブルを電動化しました

現在は、電動格納式のテーブルを使っています。

www.solocamptouring.com

このテーブルは、板面が低いのでエアバック展開を阻害せず、格納すると乗降の邪魔にもならないので、長く使えそうです。