ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します。

家ではできない料理はソロキャンプで楽しむ

 

スポンサーリンク

 

ソロキャンプが好きな人に聞いてみたいことがあります。

「ソロキャンプが好きな理由を教えてください!」

どこ探しても統計情報がないような気がしますが、たいへん気になります。

動画サイトで見て楽しまさせていただいてる有名ソロキャンパーさん達と、自分を比較しながら考えてみます。

なお、有名な方々とは知り合いではないので、直接聞いたりはしていません。動画を見させていただいて感じたことを書いているので、もしこのブログを見ていただいて、ご本人のお考えと違っていても、ご容赦ください。

 

どういうタイミングで行きたくなるのか

 有名な方々

皆様忙しそうです。「ずっと来たかったけど、やっと来れました」とか「用事を片付けてから来たから暗くなっちゃった」、「一日しか時間がとれなかったので、デイキャンプ」なんてコメントされている動画も見かけます。

忙しい中で、なんとか時間をあけてソロキャンプに行かれているようです。

私の場合

大きく分けると2パターンです。私はそれほど忙しくありません。

気分転換で行きたくなる

仕事が一段落ついた!とか、山の空気が恋しくなる場合です。

料理したい時

たとえば大葉の天婦羅とか鶏の唐揚げなどを、無性に沢山食べたくなる時があります。しかし私が料理すると汚れ散らかすので、家の台所は立ち入り禁止になっています。

そんな時、我慢できなくなると家出してソロキャンプに向かいます。

ソロキャンプで天婦羅
ソロキャンプで天婦羅そば

何をするのか、したいのか

 有名な方々

 テントやキャンプ用品の紹介が多いようです。私が気になっている道具を実際に使ってレポートして頂けるので、たいへん参考になります。

それでも、動画の大半の時間は料理と実食にあてられているように感じます。

私の場合

昼間は少し忙しいです。いつも昼食を食べないまま昼すぎにキャンプ地入りするのですが、テント設営と昼食の準備をしてから、ゆっくり食事をしている間に夕方を迎えることが多いです。

お米を炊く場合は特に忙しく、まず炊飯を始めてから飯盒を火からおろすまでの20分くらいの間にテントを設営するという、マルチタスクでタイトスケジュールな状態になります。

凝った料理は明るい昼間にしておいて、夜は炭で何かを焼きながらアルコールを摂取するだけというのがパターン化しています。

ソロキャンプにてウッドストーブでたこ焼きを焼く

少し話題からそれますが、ウッドストーブと炭で冷凍たこ焼きをじっくり温めると、「中はモチモチ、外はパリッ」という私の大好きな状態になるので、定番メニューになっています。

 

話を戻して、昼間に比べて夜は忙しくないのですが、焚火をぼ~っと見ているだけでも、あっという間に時間が経ってしまいます。

結論

少なくとも私は多くの場合、

何か特別な料理をする為にキャンプに来ている

ということのようです。

たしかに、料理道具の重さが、テントを除いた全装備重量の半分以上をしめています。

その中でも、数種類を常備している調味料入れが特に重いです。

 

私にとってキャンプのメインイベントにもかかわらず、料理中と食器洗い中にいつも天敵に襲われます。そんな天敵対策に効果抜群のアイテムがありました。

防虫素材スコーロン試してみた!

これを着ていれば、天敵を気にせずに、ゆっくりと 料理を楽しめます。