ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します

雨天時のキャンプはタープを活用してテント生活を快適に

 

天気予報は、回復傾向でしたが

あいにくの雨の中、キャンプに行ってきました。

到着時は、地面は濡れているものの、天気予報通りに雨があがっていました。
しかし、暗い雲に覆われつつある山の方から吹き下ろす風に、細かく冷たい水滴を感じます。

 どっちつかずの天気に、雨のバージョンのテント設営でキャンプすることにしましたが、これが正解でした。天気予報は町の平野部のものだったようで、キャンプ場がある山の中腹部では撤収まで雨が断続的に降り続きました。

 

時間を到着時に戻します。

雨が本格的に降りだす前に、まずはテントを設営します。

雨バージョンのテント設営

特に凝ったことはしませんが、他のキャンパーさん同様に、
まずは水が流れ込みにくい、溜まりにくい場所を選びます。
野球のピッチャーマウントみたな地形だと最適です。

 

そして、テントを覆うように、上空にタープを張ります。

写真ではテントの頂上部がタープに刺さっていますが、可能であればテントとタープの間に隙間を作って、露がついても乾燥しやすくします。今回はタープの写真奥の方が地面に近い位置にしか固定できず、テント上部に隙間ができませんでした。

雨の日のテント設置方法 無風の場合
この4mx4mの大きなタープを設置しておくことには多くのメリットがあります。

①テントのまわりに、濡れずに歩けるスペースを作れる。

ペグの打ち直しが必要になった場合などのテント周りの作業時に、濡れずにテントまわりを一周できるメリットは大きいです。

ちなみに私は「水たまりができていないか」など、1時間に一回程度、テント周りをパトロールします。

②テント周辺地面の濡れ方をコントロールできる。

タープからの排水先と、テント地への水の流入の管理をしておけば、テント前室の乾いた地面にグランドシートを使って座り込む事も可能です。

③雨がテントに直接当たらないので、多少静か。

私は寝りが浅いので夜中に雨音で起こされることがありますが、テント上空のタープで受け止める雨音は、テント内では少し小さな音になって聞こえてくる気がします。

④撤収時が雨でも、テントは乾いた状態で収納できる可能性がたかくなる。

今回は撤収時も雨が降り続いていましたが、タープの下で、それでもついた水滴は拭きながらですが、乾いた状態でテント収納できました。
タープは帰宅後に乾かすことになりますが、形状が平面なので物干しやロープにかけるだけでよく、立体的な形状のテントを乾かすよりも楽です。

雨バージョンの設営に使うタープの大きさ

そんないい事づくしの、雨のタープ下テント設営。テントの大きさに見合ったサイズのタープが必要です。


ソロキャンプやツーリング用のテントの場合の、タープの大きさの目安は、
・2名以下用のコンパクトテント; 3mx3m以上
・4名以下用のゆったりテント ; 4mx4m以上
ですが、実際には全室の有無などのテント形状で変わってきます。私は3mx3mと4mx4mのタープを、テントに応じて使い分けています。


今回の記事写真では、テントはコールマンのツーリングドームLXです。このテントの場合は、4mx4mのタープがちょうどいいサイズです。

雨天で風が強め時の設置方法

さすがに台風並みの風の日はそもそもテント泊をしませんが、テントが破壊されない程度の風がある雨天の日の設置方法です。

雨の日のテント設置方法 強風の場合
写真のとおり、タープの裾をできるだけ地面に近づけます。中にテントがなければ、通称「Aフレーム」のタープ設置方法に近いです。

残念なことに、4mx4mタープでしっかりAフレーム型を作ると、タープ内の床面積は2mx2mになるので、私のテントは中に設置できません。

 

タープの強度と防水性は各メーカー/製品でそれぞれ違いますが、私が2年ほど使っているDDタープは今のところ不具合なく、しっかりと防水性を保っているので雨でも快適なキャンプ地を確保してくれています。