ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します

オフロードバイクのミラーをよく壊すので思いついた暫定処置

 

 

オフロードバイクは丈夫?

バイクは、転んだもしくは転がしただけで、何かしらの部品が壊れます。傷だけで済めば、いい方ですね。

 

オフロードバイクの場合、転んで上手くなる?ではなく、転がす事を前提作られているのか、比較的に壊れにくい構造になっています。

しかし保安部品だけは、保安基準に則り装着されているので、普通に転べば、当たり所によっては簡単に壊れてしまいます。

 

保安部品の中でも、私が特に頻繁に破壊するのが、ミラーです。転ぶ事が事前にわかっているクローズドコースであれば走行前に取り外すのですが、公道での移動を含んだツーリングの場合は、外しておくわけにはいきません。

 

こうして、車庫には、破壊したミラーの残骸が散乱しています。

 

つい先日も、低速で土手を登る練習をしていて、エンジンストール時にやってしまいました。

破壊したミラーたち

オフロードバイクの壊れたミラーたち
今回を含め、オフロードバイクの破壊したミラーたちの代表選手です。10mmの正ネジボルトのもので、この写真の他にもありますが、どれも鏡面が破損しており、部品をかけ合わせて一本作ることはできません。

原付用ミラー

 今回ミラーを破壊した時に、「たしか一本余っていたはず」と思い出して、気分良く帰宅しました。

しかし、余っていたのは原付用のミラーで、正ネジボルトなのですが、サイズが8mmです。

原付用のミラーは8mmボルト
少しくやしかったのと、このミラーを将来使う予定もないので、暫定処置として原付用のミラーを、オフロードバイクに付けておくことにします。

取り付け作業

ネジ径変換アダプターなんて洒落たものは使わずに、暫定処置をします。

使うのは、コの字のステーです。

オフロードバイクの壊れたミラーの暫定処置用コの字ステー

このステーを10mmのボルトでバイク側に固定して、さらにミラーを8mmのナットで取り付けます。

オフロードバイクの壊れたミラーの暫定処置
オフロードバイクの壊れたミラーの暫定処置

ミラーがバイク全幅より少しはみ出してしまったので、コの字ステーをぐいぐい曲げて、ミラーをちょうどいい位置にしておきました。

 

手で力を加えると、フニャっとした感覚があるので、振動に弱そうです。

正規のボルト径の新品ミラーで恒久対策される日がすぐに来そうですが、しばらく様子を見てみようと思います。

いつになるかわかりませんが、次に入手するミラーは、折りたたみ可能なものにします。