ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します

H4ハロゲンバルブから交換できるLEDと交換してはいけないLED(カットラインなど)

 

私の愛車JB23ジムニーやバイクのヘッドライトはH4タイプのハロゲンライトです。電力の節約と、今風の車の白い光にするためにLEDバルブに交換しました。

私の場合は、車だけでなくバイク(H4の2灯)でも問題なく車検に通ったので、その前に装着してみてダメだと感じたLEDバルブと比較しながら紹介いたします。

車検で必要なカットラインと配光

上の写真はLEDバルブで前方照射した写真です。写真でも植木に当たったヘッドライト光の境い目がくっきりとわかります。また境い目は、中央部から右側は水平に、左側は左上がりになっています。

この境い目がカットラインで、これがないと車検には通りません。

 次にカットライン中央部の折れポイントを見ると、最も光が強くなっています。写真では左右のバルブともに点灯しているので、左側に光の強さが寄っているようにみえますが、個別に光らせるとしっかり中央の折れポイントが明るくなっています。

この光り方が、車検を通す時に大事な配光です。実際にはその明るさなどの要素も必要になります。

ハロゲンのフィラメント配置をLEDで再現している製品が〇

H4ハロゲンバルブとの互換性と「車検対応」をうたったLEDバルブが多数売られています。

まだLEDバルブが出始めた頃、そのうちの一つを試してみて、カットラインと配光が得られずに失敗しました。

カットラインも配光もないH4型LEDバルブ

左の写真が、使えなかったLEDバルブです。右のH4ハロゲンバルブの写真は比較のために並べました。
一見してお気づきのとおり、ハロゲンバルブのフィラメントとは違うLED配置です。特に、バルブの先端側にあるロービームのフィラメントを再現する位置に、LEDはありません。

ちなみに、このLEDバルブは写真に写っている側だけにLEDが配置されており、反対側にはありません。

これではハロゲンバルブと同じカットラインがでるわけもなく、また特にハイビームの光量も足りないので公道では使えませんでした。 

車検を通したH4型LEDバルブ

車検が通ったH4型LEDバルブ(カットラインや配光など)

左の写真が、車とバイクで車検を通したLEDバルブです。

右のH4ハロゲンバルブのフィラメントを忠実に再現するLED配置です。ロービームの遮蔽板も壁で作られています。

このLEDバルブは、写真で写っている反対側にも、対称にLEDが配置されていて、一本あたり16個のLEDが使われています。両面に対称配置されたLEDは、各面にハイビーム用4個とロービーム用4個のLEDを並べて、ハロゲンバルブのフィラメントを再現しています。

たまにLED3個づつでフィラメントを再現している製品を見かけますが、今回は写真のもので車検を通しました。

満足の明るさです

LEDの白い光が見えにくくなると言われる雨の日に、写真を撮ってみました。

H4ハロゲンから交換して車検に通ったLEDバルブ
H4ハロゲンから交換して車検に通ったLEDバルブ

左の写真がロービーム、右がハイビームです。

日暮れ直後の、まだ暗くなりきっていない夕方に、運転席からiphoneで撮りました。

H4ハロゲンバルブにくらべて横方向の明るさが若干少ない気がしますが、気になるほどではありません。

中央付近の明るさに不満はなく、感覚的にはハロゲンバルブより明るくなっているとさえ思います。

 

ハロゲンバルブのフィラメントと同じ配置にこだわったLEDバルブを選ぶことで、白く明るいヘッドライト光を入手して、車検にも通りました。

25Wx2とハロゲンバルブよりも省電力なので、他に電装品を追加して電力収支が厳しくなっている車やバイクにもオススメです。