ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します

バイク用メッシュジャケットの安全性を体感したので紹介します

 

真夏にバイクに乗る際、若かりし頃には上着はTシャツやタンクトップで、露出部だけ真っ黒に日焼けしながら走る事もありました。

大人になった今では、怪我防止だけでなく日焼け防止も兼ねて長袖ジャケットを着用してライディングしています。

現在愛用しているコミネのメッシュジャケットを、身をもって確認したプロテクション性能や、夏に涼しく使う小技を交えて紹介いたします。

コミネのメッシュジャケットで安心バイクライフ

プロテクション

 コミネのメッシュジャケットはバイク専用設計で、通風性の良いメッシュ素材で、ライディングポジションに合わせた形状で作られています。特に袖の形状が、軽く肘を曲げた状態で合う形状になっているのが特徴的です。

バイク用プロテクターというと脱着が大変なものもありますが、これはプロテクタ一体のジャケットなので、普通の上着と同じ感覚で脱着できます。

硬さと柔軟性をあわせもつプロテクターは、ジャケットの肩・肘・背中・胸の内側ポケットに入っていて、取り外しも可能です。

コミネのメッシュジャケットで安心バイクライフ

上の写真で、心臓のあたりを撃たれたかのように、穴が開いているのがわかります。

オフロードバイクで約40Km/hのスピードから激しく転んだ時に、ハンドルの端部が胸に刺さりそうになってできた穴です。

f:id:solocamptouring:20180331104026j:plain

メッシュジャケットには穴があきましたが、中のプロテクタは何事もなかったかのようで、体は少しだけ打撲したような状態でしたが、次の日には痛みもなくなりました。

このジャケットを装着していなかったら軽傷では済まなかった筈で、プロテクタの有効性を実感させてもらいました。

転倒時に砂利質の地面にも激しく接触しましたが、このハンドル端による穴以外に破れなどはありません。使用しているメッシュ素材は、擦れには強いものだと感じます。

穴からのほつれは無いので、そのままで使用し続けていますが、穴が気になるようになったらワッペンでもつけておきます。

もっと涼しく走る小技

フルメッシュなので涼しい部類のジャケットに入るのですが、それでも暑さにバテてしまいそうな時に、友人が教えてくれた小技の紹介です。

たいへん簡単なのですが、メッシュジャケットの袖をしっかり濡らします

真夏のツーリングでは休憩ごとに濡らしていますが、走り出した瞬間の気化熱効果による冷房風のような感覚は、一度知ってしまうと病みつきになります。メッシュジャケットの通風性による効果なので、普通の服でやってもベタつくだけの場合もあります。

炎天下だと走り始めてすぐに乾いてしまうので、Camelbakなどのハイドレーションシステムを使う場合、タンク内に水を入れておいて袖が乾いたら追加で補水し続ければ、いつでも気化熱効果での冷房風を感じる事ができます。