ソロでたのしむ

DIY、電子工作、キャンプ用品などの趣味を紹介します

イザという時にそなえて車に常備するもの(JB23ジムニー)

 

緊急時に備えて車に積んでいるもの

私の車、平日は通勤、週末はキャンプにと、休むことなく動かしています。

今のところ出番は少ないか無いのですが、イザ!という時に備えて常備しているグッズを紹介いたします。

軽自動車(ジムニー)なので搭載スペースは限られており、緊急グッズはカーゴスペースのスピーカーボックスの上に載せて、カーゴネットなどで固定しています。

 

 牽引、救出ロープ類

 牽引、救出ロープ

 どれもまだ一度も使ったことがないのですが、気付いたら4種類のロープ類を持っていました。

  • 伸縮しない黄色のベルトが長さ違いで2本
  • 伸縮する青いベルト
  • 自在に端末に輪をつくれるオレンジ色のロープ

動画サイトでの4WD車の活躍っぷりに触発されて買ってしまいましたが、キャンプ地までの整備されたダートくらいしか走らないので、今のところ全く出番がなくて寂しいです。

ジャンプスターター 兼モバイルバッテリー

ジャンプスターター 兼モバイルバッテリー

 車のバッテリーがあがってしまった場合に使うジャンプスターターです。

といっても昔ながらのケーブルの両端に大きなクリップがついた物ではありません。

これは、

他の人(車)に頼らずに自分だけでジャンプタートできる

とっても便利なものです。

さらに私にとって便利なのは、バイクのバッテリーが放電しきっていた時です。このジャンプスターターがあれば車やバイクの移動をせずに楽にエンジンをかける事ができて、たいへん助かります。

 

そして購入の決め手になったのが、

スマホ等のモバイルバッテリーとして使える

こと。 

 せっかく車に常備していても、車のバッテリーがあがってしまった時に、こちらのモバイルバッテリーも放電しきっていては意味がないです。

私はキャンプに行く度に、このモバイルバッテリー部分だけ車から持ち出し、スマホやラジオの電源として使います。そして帰り道でシガーソケットから充電しなおせば、普段は満充電の状態を保てます。

キャンプではモバイルバッテリーとして使えて、普段は車やバイクのバッテリーあがりの保険になるので一石二鳥です!

タイヤチェーン

JB23ジムニー用タイヤチェーン

 私のいるところは、雪は1年に数回降るだけなので、これも保険として積んでおり一度も使ってはいません。

数あるチェーンの中でも、比較的にコンパクトに収納できて軽い、SCCのケーブルチェーンを選択し、冬の間だけ車に積みっぱなしにしています。

  

エアーポンプ

JB23ジムニーに常備しているエアーポンプ

 このエアーポンプ(空気入れ)、シガーソケットから電源を取りピンク色のジャバラホースの先から空気を入れます。

もともとは、「スタック時にタイヤの空気圧を落として脱出するかもしれない」という妄想から購入したものですが、今まで一度もスタックすることもなく、自らタイヤの空気を抜いたこともありません。

しかし、車にかぎらずバイクのタイヤも、数か月メンテナンスしないと空気圧が落ちてきます。このエアーポンプは日常点検での空気入れとして活躍しています。

他にも水遊び用エアーマットなどへの空気入れとして、アウトドアでも活躍するエアーポンプですが、少し使いづらいのがシガーソケットに接続しないと使えない点。

自分の車のタイヤ4本に空気を充填する場合に、ポンプ本体をシガーソケットと各タイヤの中間地点に一回づつ移動させないといけまぜん。

エアーマットなども、車のそばで膨らませないといけないので、そのあとの歩行移動距離が長い場合は、使うのをためらってしまいます。

 

車のまわりだけではなく、いろんな場所で使いたい空気入れ。今のものが古くなってきたこともありコードレスタイプに心惹かれています。

 このタイプ、シガーソケットや家庭用コンセントで使えるほかにバッテリーでも駆動するので、どこでも使えます。

あと、先に空気圧を設定しておけば、その空気圧で自動で停まる優れもの。

自転車やバイクでも大活躍まちがいなしで、車に常備しておくならば、電源がシガーソケットだけのものより、断然こちらのタイプですね。